「初めての挫折に近い」 “浦和主将”柏木が今季の苦悩吐露「一番前に立てない自分が…」

柏木はキャプテンとして最終節に臨む【写真:木鋪虎雄】
柏木はキャプテンとして最終節に臨む【写真:木鋪虎雄】

復活の兆しを見せて最終節へ 「違った自分を出せるようにやっていきたい」

 しかし、そのホームで迎える最終節に向けて柏木は、「最後はホームでなんとしても勝って、ね。ACL決勝でも何も残せなかったし、個人的にもピッチで良いプレーを表現できていない2年間だったから。来年また頑張ろうと言えるような状況にしたい。負けて終わるのは違うから」と話している。

「この1年、2年で自分のサッカー人生において勉強させられたし、初めての挫折に近いのかなっていう気がする。来年はたぶんキャプテンじゃないと思うし、自分らしく。良い年齢を重ねてきて余裕も出てくると思う。いろいろなトレーニングや治療を入れて体も良くなってきていると思う。来年に向けては違った自分を出せるようにやっていきたいし、出さなきゃダメ。でも、この2年が今後のサッカー選手として、人間として素晴らしい2年だったと言えるように、また挑戦していきたい」

 今季の浦和は、確かに個々のポジションにはタレントが揃っているが、それをつなぎ合わせチーム全体にリズムを生む存在として、柏木の不在を感じさせる試合が多かった。“浦和の太陽”というニックネームがあるように、彼がいるから周囲も輝くし、上手く回っていける面は間違いなくある。

 苦悩の2年間を過ごしてきた柏木が、来季にまた輝きを取り戻す――。その兆しを確信に変えるようなリーグ最終節を迎えたい。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング