「初めての挫折に近い」 “浦和主将”柏木が今季の苦悩吐露「一番前に立てない自分が…」

浦和MF柏木は抱えてきた苦しい思いを明かした【写真:Getty Images】
浦和MF柏木は抱えてきた苦しい思いを明かした【写真:Getty Images】

J1残留が濃厚となったFC東京戦後に思いを告白 「軽い鬱みたいになった時期も…」

 浦和レッズのMF柏木陽介は、11月30日に行われたJ1リーグ第33節のFC東京戦に1-1と引き分け、J1残留が濃厚となった試合後に、昨季からキャプテンを務めてきたなかで苦しい思いがあったことを明かした。特に今季は、5月に負った膝の負傷からの悪循環に陥っていた。

 柏木はこの試合、右のシャドーでスタメン出場した。満足な出場機会を得られていないなかでのスタメンに、「久しぶりに自分に対してプレッシャーがかかっているような状況でプレーできた。ここで結果を出さないと次の試合もプレーできないというような」との思いを抱き、試合に入っていった。

 前半はFC東京ペースのなかであまりボールを触らせてもらえなかったが、コーナーキックのキッカーとして先制点には絡んだ。後半はボールを触る回数も増え、「今日はある程度、みんないろいろなものが抜けて楽しもうとできていたのかなと。個人的にもキャプテンを忘れてサッカーを楽しもうと。前半はマンツーマンで疲れたけど、後半は少し良さを出せたかな」と振り返った。

 そのキャプテンという言葉は柏木をこの2年間、ある意味では縛ってきたのかもしれない。何しろ、浦和に加入してからだけでも元日本代表MF鈴木啓太氏、同MF阿部勇樹という様々な意味でチームの大黒柱だったキャプテンの下でプレーしてきた。前任者が偉大であるというのは、誰にとっても難しい。そのうえ、自分らしさと柏木の考えるキャプテンらしさの狭間に身を置いてしまう状況になっていた。

「キャプテンとして試合に出られない苦しい状況で、軽い鬱みたいになった時期もあって。チームを支えようという思いが、自分を難しくさせてしまったと思う。この2年、キャプテンをやって何も良さを出せなかった。天皇杯を獲ったけど、それ以外に何もできなかった。ゴールもなかったし。やっぱり、キャプテンとして言えない部分が溜まっていってしまった。なんでも少しネガティブな言葉を発しながらも、それでもしっかり練習もやるというのが自分の良さだったような気がする」

 確かにキャプテンになる前の彼のキャラクターは、少し天邪鬼(あまのじゃく)と言ったらいいのか、「しんどい」とか「きつい」とか言いながらも、手を抜かずにやる姿がそこにあるというタイプだった。ただ、そうした一言や二言も、「キャプテンだから」という思いが封印させた。ほんの少しのストレス発散のようなものを我慢した結果、かえって精神的に難しくなってしまったのだろう。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング