“無名”FW食野、スコットランドで驚きの“王様”デビュー 知日家コーチ「年間15点」を確信

スコットランドでベールを脱いだ食野亮太郎【写真:Getty Images】
スコットランドでベールを脱いだ食野亮太郎【写真:Getty Images】

G大阪からマンC移籍の食野 レンタル先ハーツでのデビュー戦を現地日本人記者が取材

【取材②|“速くて上手い”「ハーツの希望」】

 8月31日、食野亮太郎がスコットランドでその秘密のベールを脱いだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 A代表どころかユースの代表歴もなく、突如としてプレミアリーグ王者マンチェスター・シティに見出された弱冠21歳の日本人FW。シンデレラストーリーそのものだが、そのデビューはまさに規格外で、驚きの連続だった。

 話はデビュー前日の8月30日に遡る。この日、食野の入団会見がレンタル先であるスコットランド1部ハート・オブ・ミドロシアン(以下ハーツ)の本拠地、タインカッスル・スタジアムで行われた。

 当初、入団会見は29日の午後2時開始の予定だった。しかし、日本での労働許可証の発給が遅れ、1日ずれ込んだ。食野の現地到着は30日の午前9時45分。ハーツの地元となるスコットランド首都のエディンバラ空港に降り立った。そして午後4時、ついに会見場にその勇姿を見せたのである。

「上海からこっちに来るフライトが12時間くらいだったんですけど、そのうち10時間くらい寝ていました。起きたら、ロンドンもうすぐみたいな感じでした」

 日本から3本の飛行機を乗り継いだ長旅の直後で、「疲れや時差ボケはないか?」と聞いたら、元気な若者らしい答えが返ってきた。しかも着いてすぐ、練習に参加したという。

 オランダからも含め、複数のオファーがあったというが、レンタル先にハーツを選んだのは「自分を単なる戦力としてだけでなく、(監督が)選手としての成長もしっかり手助けしてくれるということも言ってくれた」という。そして希望のポジションについて尋ねると、「どこと言われればトップ下がやりたいです」と話して顔を輝かせた。

 また英国人記者に「自分はどんな選手に似たタイプだと思うか?」と聞かれ、「アザール、メッシ」ときっぱり。通訳を務めた日本人関係者が「あくまで目標として」と慌てて付け加えたが、隣に座った食野の顔には”いつかはきっとそのくらいの選手になってマンチェスター・シティで活躍してやる”という、向こうっ気の強さが浮かんでいた。

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」