“無名”FW食野、スコットランドで驚きの“王様”デビュー 知日家コーチ「年間15点」を確信

失点後に味方へ発した怒声、物怖じしない強靭なメンタル

 前半41分には初シュート。右サイドでボール受けて小さく速い、美しいターンで中央に切り返して左足を鋭く振ったシュート。ボールはバーを大きく越え、食野は軽く飛び上がって悔しがったが、場内は拍手喝采に包まれた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 後半に入ると、すぐさま食野が見せ場を作る。

 試合後「10番のポジションだから、行ってこいって言われました(笑)。あんまり、自分のプレーに対して要求とかはありませんけど、けっこう自分のポジションはフリーにしてくれているんで」と話したように、トップ下から左右に、1.5列目を縦横無尽に動く。食野が入ってからフォーメーションを変更したが、チームの攻撃は両サイドでボールを縦に動かし、クロスボールを多用するスタイル。それならばと食野が右、左と開いてチャンスメーカーになる。

 後半2分、右に開いた食野がボールを受けると、相手を1人かわしてそのままドリブルで右サイドを突破。クオリティーの高いクロスを供給した瞬間、場内に“おおっ”というどよめきが起こった。

 ところがこの食野のクロスの3分後、守備の乱れからハーツが1点を失い、同点にされる。しかし、ここで信じられないものを見た。

 センターサークルの真ん中でボールを持って仁王立ちしている選手が、なんと食野だった。そしてボールを足もとに置くと、味方選手に振り向きながら“さあ行こう”とばかりに両手を手前で抱きかかえるように振って、「カモン!」と怒声を上げたのだ。

 まるで主将のような振る舞い。しかも闘志剥き出し。これまで欧州で見た日本人選手は、総じて非常に大人しい印象が強い。ところが食野はデビュー戦ということも忘れ、21歳の新参者という立場もどこかに吹き飛ばし、1-1の同点にされると夢中になって味方に檄を飛ばし、試合終盤には倒れ込んで時間稼ぎをする相手選手の腕を引っ張り、怒鳴りつける場面もあった。これには本当にびっくりした。

 試合後、この場面を振り返って「熱血漢だね」と尋ねると、「そこが自分の、なんやろ、特徴でもあります」と一言。トップ下でこの闘魂――まるで往年のウェイン・ルーニー(現D.C.ユナイテッド)のようだ。

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も