“無名”FW食野、スコットランドで驚きの“王様”デビュー 知日家コーチ「年間15点」を確信

オースティン・マクフィー助監督【写真:Getty Images】
オースティン・マクフィー助監督【写真:Getty Images】

前半に緊急出場、システムを4-2-3-1へ変更して“トップ下”で起用

 結果的にギャンブルは成功した。食野のデビュー戦を、この目でしっかりと見届けることができたのだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合前日に日本からスコットランド入りしたという経緯からして、試合に出たこと自体が驚愕だったが、実際に21歳の日本人FWがピッチに入ると、その驚愕は衝撃に変わった。

 前半31分、この試合4-3-3の左ウイングで出場したユアン・ヘンダーソンが負傷したこともあったが、この時点でレベイン監督は迷わず食野の投入を決めた。

 この交代の場面も非常に面白かった。

 食野はこの2、3分前の前半28分頃にピッチ脇でウォームアップを始めていた。日本人FWがベンチを飛び出すと場内に割れるような拍手と大観衆が巻き起こり、走り始めた食野が思わずのけぞるようなリアクションを見せた。ヘンダーソンが倒れたのはその直後、食野がエンドラインの向こう側、ゴール脇のスペースでストレッチを始めた時だった。

 マクフィー助監督が、ベンチ前から大声で“リョウ”と何度も叫ぶ。しかし、ゴール脇まで離れた食野の耳には届かない。

 本人も試合後、この時間帯での交代については「全く想定外。後半のどこかからというつもりで準備していた」と話していたが、隣で並んでストレッチをしていた同僚選手に肩を叩かれ、そこでやっと自分が出場することに気が付いたのだ。

 しかし出番だと分かると、脱兎の如くベンチに駆け戻り、素早く準備を済ませて、待ちきれないとばかりにピッチへ走り込んだ。

 そしてここでまた、驚愕の事態が起こった。

 4-3-3の左ウイングが負傷交代したのだから、そこに食野が入るのだとばかり思っていた。しかし、その位置には先ほどまでインサイドハーフにいた8番のショーン・クレアがいる。そして食野はというと、なんとトップ下にいるではないか。しかもフォーメーションを4-2-3-1に変更しての“王様待遇”だった。

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も