遠藤保仁、衝撃のJリーグ海外助っ人は? 「一度も勝てると思えなかった唯一の選手」

ガンバ大阪のMF遠藤保仁が衝撃を受けた海外助っ人選手とは?【写真:Noriko NAGANO】
ガンバ大阪のMF遠藤保仁が衝撃を受けた海外助っ人選手とは?【写真:Noriko NAGANO】

レディアコフだけは、いつまでたっても自分の間合いでプレーさせてもらえず…

【第1回|なぜ日本人初1000試合出場を達成できたのか】

【第3回|ベテランだからこそ感じる「怖さ」とは?】

【第4回|第一線で活躍し続ける極意】

【第5回|サッカー人生で「初めて」体験した忘れられない日】

【第6回|遠藤保仁が語る“移籍論”】

 ガンバ大阪のMF遠藤保仁が8月2日のJ1リーグ第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)で途中出場し、公式戦1000試合出場の偉業を達成した。J1、J2、カップ戦、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ、日本代表戦など、すべての公式戦を含めて日本人初となる金字塔を打ち立てた本人を直撃。稀代のプレーメーカーが、全6回で1000試合出場の舞台裏を語る。第2回は「衝撃を受けたJリーグ海外助っ人選手」について訊いた。

   ◇   ◇   ◇

 Jリーグでプレーした外国籍選手に限るなら……プロ1年目の横浜フリューゲルスのチームメートだった、FWイゴール・レディアコフ(1998年/横浜F在籍)っていうロシア人。一緒にプレーした期間は6〜7カ月と短かったけど、彼にはかなり衝撃を受けた。

 高校生からプロになったばかりというのもあったかもしれないけど、まあ、懐が深い。手を替え品を替えて挑んでも、相手の間合いでしかプレーできなかったし、一度も勝てると思えなかった唯一の選手だった。

 昔も今も、対戦相手の選手に対してファーストインプレッションで「凄いな!」と感じたり、一つのプレーに対して「上手いな」って思うことはあっても、どこかのタイミングではだんだんとその選手の特徴に慣れてきたり、癖を理解して上回れるようになるものだけど、レディアコフだけは、いつまでたっても自分の間合いでプレーさせてもらえず、一向に彼からボールを奪える気がしなかった。

 あとは……清水エスパルスの元アルゼンチン代表FWフェルナンド・ニコラス・オリバ(1996~1998年、2000~2001年/清水在籍)。彼は確か2回、清水に在籍していたと思うけど、僕が対戦したのはフリューゲルス時代だけで……だから、これもプロになりたての時期だったから、余計に衝撃が大きかったのかもしれないけど、とにかく上手かったし、何をしてくるか、何が得意なのか、全く読めない選手だった。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング