遠藤保仁、1000試合出場の偉業も「後悔だらけ」 ベテランだからこそ感じる「怖さ」とは?

ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:Noriko NAGANO】
ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:Noriko NAGANO】

人間って面白いもので、同じような状況に出くわしても…

【第1回|なぜ日本人初1000試合出場を達成できたのか】

【第2回|衝撃を受けたJリーグ海外助っ人選手】

【第4回|第一線で活躍し続ける極意】

【第5回|サッカー人生で「初めて」体験した忘れられない日】

【第6回|遠藤保仁が語る“移籍論”】

 ガンバ大阪のMF遠藤保仁が8月2日のJ1リーグ第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)に途中出場し、公式戦1000試合出場の偉業を達成した。J1、J2、カップ戦、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ、日本代表戦など、すべての公式戦を含めて日本人初となる金字塔を打ち立てた本人を直撃。稀代のプレーメーカーが、全6回で1000試合出場の舞台裏を語る。第3回のテーマは「後悔と慣れ」だ。

   ◇   ◇   ◇

 プロサッカー選手として、1000試合を戦い、そのほとんどで先発してきたことは誇りに感じているけれど、実はその中身はすごく後悔だらけです。

 そもそも、サッカーは、ミスが起きて当たり前のスポーツだからね。「あの時、あのパスが通っていたらな」「このプレーを選択していたらゴールにつながったかもな」「あそこで決めていたら勝てたかも」。試合に勝った、負けたに関係なく、出場時間が長くなるほど、ミスの数も多くなるわけで、イコール、後悔だって増えていきます。

 だけど、それと同時に、反省は知恵として蓄積されていく。以前に失敗した時と似たようなシーンが生まれた時に、後悔の種となっていた過去のシーンは当然、頭をよぎるし、それが教訓になって違うプレーを選択できることもある……のは稀で、ほとんどがそうではないかも(笑)。

 人間って面白いもので、同じような状況に出くわしても「今度は成功するかもな」って思いが勝って、あるいは単なる癖もあって「ああ、また同じミスをしちゃった!」ってことがほとんどだと思う。サッカーのように瞬間的に判断を要するスポーツではなおさらね。

 でも、そうやって何回も失敗するから、頭ではなく体がいろんなことを学ぶようになり、気がつけばそれを上回る知恵やプレーの選択肢が備わって、それが本当の“プレーの幅”になっていく。

【PR】2019-2020シーズンのプレミアリーグが見られるのはDAZNだけ!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング