浦和、ガーナ代表の攻撃的MFを補強か 海外メディアが注視「獲得を打診した」

浦和がガーナ代表MFバーナード・メンサーを獲得か【写真:Getty Images】
浦和がガーナ代表MFバーナード・メンサーを獲得か【写真:Getty Images】

トルコ1部カイセリスポルMFメンサーを巡り、ドイツやスペインのクラブも興味

 J1浦和レッズが、トルコ1部カイセリスポルに所属するガーナ代表MFバーナード・メンサー獲得に動き出しているとトルコメディア「AKSAM」が報じ、「浦和がメンサーを追っている」と伝えている。

 現在25歳のメンサーは180センチの攻撃的MFで、ガーナ代表として4試合1ゴールの結果を残している。現在はトルコ1部カイセリスポルに所属しており、今季はここまでリーグ戦14試合で1ゴール。そんなアタッカーに複数のクラブが興味を示しているという。

 記事では「浦和レッズは、ガラタサライも獲得を望んでいるメンサーを追っている」と指摘。浦和に加え、トルコのガラタサライ、ドイツのフランクフルト、スペインのグラナダ、メキシコのクラブ・アメリカも狙っており、争奪戦の様相を呈している。

「横浜F・マリノスが王者となった昨季、浦和はリーグ14位。質の高いチームを作るために動き出した日本のクラブがメンサーの獲得を打診した。メンサーの売却に関して、クラブ側の対応は不透明だ」

 浦和がオファーと現地では報じられているが、ドイツやスペインのクラブも狙うガーナ代表MFは新天地を求めるのか。その去就に注目が集まっている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング