2019「J1全18クラブ戦力ランキング」 監督、FW、MF、DF、GKの5部門から査定

2019シーズン「J1全18クラブ戦力ランキング」を5部門から査定【写真:Noriko NAGANO】
2019シーズン「J1全18クラブ戦力ランキング」を5部門から査定【写真:Noriko NAGANO】

監督、FW、MF部門で満点を叩き出したチームは? DFとGKは最高位が横並び

【評価一覧リンク】
[監督編] [FW編] [MF編] [DF編] [GK編]

 2019シーズンのJ1リーグが2月22日に開幕し、セレッソ大阪がヴィッセル神戸に1-0と勝利して幕を開けた。新シーズンのスタートを受けて、フリーライターの河治良幸氏が各チームの戦力を分析。「監督」「FW」「MF」「DF」「GK」の5部門において、それぞれ10点満点(10点が最高)で査定した。

 監督部門で唯一の10点満点を叩き出したのは、浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督だ。昨季途中から就任して今季2年目を迎えるなか、「当初こそ勝ち点が上がらなかったものの徐々に上昇気流に乗せ、最後に天皇杯を勝ち取った手腕から現在のJリーグでは最高評価に値する」と河治氏は記している。

 FW部門では名古屋グランパスが10点満点、MF部門では川崎フロンターレが10点満点となった。名古屋のFWに関しては昨季24ゴールでJ1得点王に輝いた元ブラジル代表ジョーに加え、ガブリエル・シャビエル、前田直輝、さらにマテウスと実力者が揃う。「前線の得点力に限れば、リーグ2連覇の川崎を凌駕しても不思議ではない」(河治氏)と高い評価を与えた。一方、川崎のMF陣に関して同氏は「家長昭博をはじめ、中村憲剛、守田英正、大島僚太、阿部浩之など質量ともにトップの陣容で文句なしの最高値」と称賛している。

 DF部門は川崎、浦和、ガンバ大阪が評価「9点」で並んだ。またGK部門は、川崎、ヴィッセル神戸、名古屋、鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田、セレッソ大阪の6クラブが評価「9点」で肩を並べた。

 5部門(各10点)から合計ポイントを算出し、最終的な総合順位が決定。リーグ2連覇を達成している川崎が総合ポイントで頭一つ抜け出し、戦力分析ランキングの栄えある1位に立った。今季のJ1リーグのパワーバランスとも言える独自のランキングは以下のとおりだ。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング