J1全18クラブ戦力分析「監督」編 実績十分の名将が満点評価、日本人指揮官の上位は?

J1リーグ全18クラブの戦力分析企画第1回目のテーマは「監督」【写真:Noriko NAGANO&Football ZONE web】
J1リーグ全18クラブの戦力分析企画第1回目のテーマは「監督」【写真:Noriko NAGANO&Football ZONE web】

昨季途中からの就任で天皇杯を制したオリヴェイラ監督が10点満点の最高評価

【評価一覧リンク】
[FW編] [MF編] [DF編] [GK編]

 2019シーズンのJ1リーグが2月22日に開幕する。J1リーグ全18クラブの戦力分析企画第1回目(全5回)は、「監督」をテーマに展望。各クラブの指揮官を10点満点(10点が最高)で分析していく。

   ◇   ◇   ◇

 浦和レッズの”オズ”ことオズワルド・オリヴェイラ監督(10点/就任2年目)は、かつて鹿島アントラーズでリーグ3連覇という実績を持つ。昨季はシーズン途中から浦和の監督に就任し、当初こそ勝ち点が上がらなかったものの徐々に上昇気流に乗せ、最後に天皇杯を勝ち取った手腕から現在のJリーグでは最高評価に値する。

 キャンプから指導している新シーズンは富士ゼロックススーパーカップ(0-1)で川崎フロンターレに最初のタイトルを持っていかれたものの、キャンプ中にフィジカルを徹底して追い込んだうえ、一度も90分の練習試合を組まない独自のやり方でシーズンに突入。ピークではない序盤戦をどう乗り切るかがリーグ奪還の鍵になりそうだ。

 また、沖縄合宿の最終日に行われた沖縄SVとの練習試合ではスタンドから選手をチェックし、グラウンドの指揮は大槻毅ヘッドコーチに任せていた。オリヴェイラ就任まで監督代行としてチームを率いた参謀の存在も心強い。

 北海道コンサドーレ札幌をわずか1年で4位に引き上げた“ミシャ”ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督(9点/就任2年目)も指導力はオリヴェイラに匹敵するが、これまで率いたサンフレッチェ広島や浦和ではベースを築きながらもリーグタイトルに手が届いていない。札幌でタイトル奪取を果たせれば、歴代最高監督の1人に数え上げるだけの価値がある。

 攻撃のバリエーションやクオリティーに重きを置くタイプで、守備は攻撃練習とマッチアップする側などが事実上の守備練習と言えるぐらい。そこは守備を”攻撃のため”と位置づける風間八宏監督(8点/名古屋グランパス、就任3年目)にも共通するが、選手たちが臨機応変に判断して対応できるかがポイントになる。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング