南野拓実の電撃移籍は「理屈に合う」 クロップ監督の言葉から読み解く冷遇の真意

南野について語ったリバプールのユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】
南野について語ったリバプールのユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

【イングランド発コラム】リバプール定例会見で指揮官が語った出場機会減少の真相

「サウサンプトンから話が来た時『この話は無下に断れない』と思った。タクミは信じがたいほど素晴らしい選手だが、我々が彼に十分なチャンスを与えられなかったというのは事実だ」

 2月2日、南野拓実のレンタル移籍が決定した翌日、定例会見に出席したユルゲン・クロップ監督は真摯な表情でそう語り始めた。

 そしてこの直後に、「なぜ南野に出場のチャンスが与えられなかったのか」の理由について語り始めた。しかし、その前に話を少し遡らせたい。

 それは昨年12月19日のクリスタル・パレス戦のことだ。クロップ監督はこのアウェー戦でモハメド・サラーを休ませ、敢然と南野をFWで先発起用した。このドイツ人闘将の期待に応える形で、日本代表MFは試合開始早々の前半3分、見事なリーグ戦初ゴールを決めた。

 南野がプレミア初ゴールを奪ったこの試合は、リバプールの歴史的な試合ともなった。日本代表MFが先制点を決めたこの試合、最終的にレッズは7点を奪い、創設128年の歴史を誇るリバプールのアウェー最多得点試合ともなった。

 この試合で南野は90分間フル出場し、躍動した。キレキレだった。2点目も相手DFがクリアしようとしたルーズボールに南野が飛び込んで、ナビ・ケイタ、ロベルト・フィルミーノとつないで、最後にサディオ・マネが決めた。3点目と5点目のフィルミーノのゴールは、先制点を決めた南野の走りが相手DFを引きつけ、ブラジル代表FWにスペースを与えて生まれた。ゴールを決めると、いつもは自分がおとりになる稀代の偽9番が、”愉快でたまらない”という笑顔を見せたのが印象的だった。

 また、このフィルミーノの2点に挟まれた4点目のジョーダン・ヘンダーソンのゴールも南野の胸トラップが起点。さらには6点目のサラーのヘディングゴールにつながったCKも南野が絡んでおり、結局この試合最後のゴールになったサラーの個人技だけが光った7点目以外、すべてのゴールに日本代表MFが爪痕を残していた。

 この活躍で、しかも年末年始のプレミア特有の過密日程が絡み、南野の出場機会が増えると確信したサッカーファンは大勢いたに違いない。

森 昌利

1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング