「構想から外れている」 評価急落のビジャレアル久保、去就動向に現地紙見解「今後数週間が重要」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

リーグ戦2試合連続出番なし…チーム内での立ち位置に現地メディアが言及

 ビジャレアルは現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第15節でアスレティック・ビルバオと対戦し、1-1で引き分けた。日本代表MF久保建英は2試合連続で出番なしに終わったなか、スペイン紙は「今後数週間が決定的に重要である」と指摘し、噂される”1月退団説”への見解を綴っている。

 今季レアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍している久保は、前節のオサスナ戦(3-1)では今季初めて出場機会が巡ってこなかったが、中2日でのビルバオ戦もベンチスタートとなった。そうしたなか、ビジャレアルは前半19分に先制点を与えるも、後半29分に途中出場の18歳MFジェレミ・ピノが左足の一撃をネットに突き刺し、1-1の引き分けに持ち込んだ。

 久保は2試合連続で出番なしに終わったことで、噂される1月のビジャレアル退団説が再燃。スペイン紙「マルカ」は今後の動向について見解を綴っており、「久保はビジャレアルで居場所がなくなる」と見出しが打たれた記事では「チームでの冒険はもう後がないかもしれない。ここ数試合を見ていると、彼がウナイ・エメリ監督の構想から外れていることは明らかだ」と、18歳MFジェレミ・ピノや20歳FWフェルナンド・ニーニョら若手の台頭により、チーム内での立場が厳しくなりつつある現状を指摘し、「このパノラマは、選手、ビジャレアル、そして日本のサッカー選手の権利を所有するクラブ、レアル・マドリード自身のすべての当事者に利益をもたらす解決策を見つける上で、今後数週間が決定的に重要であることを示している」と展望している。

 久保は今季ここまで、UEFAヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージ5試合に先発し、1得点3アシストの成績を残している一方、リーガでは13試合でピッチに立ってきたが、先発出場はわずか2回でノーゴールノーアシスト。名門バルセロナのカンテラ育ちで、レアル・マドリードにポテンシャルを認められた選手として期待されながらも、ビジャレアルでは周囲が納得するようなパフォーマンスを示せていない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング