遠藤保仁、“無観客”大阪ダービーでJ1最多632試合出場へ 「鉄人」であり続ける理由とは?

“無観客”の大阪ダービーでJ1通算632試合出場へ 「変化はつけたい」

 遠藤保仁という唯一無二の存在。1年間戦える体で試合に臨むのは、やはり勝利のため。ピッチに立てば、今でも私たちを驚くようなパスでワクワクさせてくれる。遠藤自身は武器である“パス”について、どのように考えているのか。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「自分のパスというよりは、チームとして完璧に動かせたというほうが好み。1本のパスなら出し手と受け手の関係だけになってしまうので、30本も40本もパスを繋いでゴールしたというほうが僕は好き。一番いいのは2個3個先のプレーを誘導するパスができればいいかな。第一歩として。もちろん味方の選手と違う時もありますけど、『2個3個先にこうなるからこのパスを出した』というようなパスが増えたら嬉しい」

 記録更新がかかる一戦は、遠藤が何度も戦ってきた大阪ダービー。通常なら超満員で埋め尽くされ、熱気に包まれるスタンドにサポーターの姿はない。それでも、遠藤の思いはいつも変わらない。

「途中から入っても、最初から出ても何かしら変化はつけたい。チームが上手くいっていない状況からいい状況に持って行くのは面白いところの一つでもあるので、そういう時に体が勝手に動くのは一番いいと思いますけど、頭でしっかり考えてという試合が増えていけばいい。頭で考えてプレーするということは、誰にも負けない」

 鉄人が歩む前人未到の道――。歴史にも記憶にも残るかつてない大阪ダービーで、遠藤が大記録を打ち立てる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ