遠藤保仁、“無観客”大阪ダービーでJ1最多632試合出場へ 「鉄人」であり続ける理由とは?

横浜FMとの開幕戦に先発し、J1最多タイの631試合へと到達【写真:高橋学】
横浜FMとの開幕戦に先発し、J1最多タイの631試合へと到達【写真:高橋学】

“鉄人”遠藤のコンディション調整法 年齢を重ね変化「状況に応じて移行してきた」

 試合出場へのこだわりを強く持ち続け、2月23日にはJ1最多タイの631試合へと到達。昨年8月2日、第21節ヴィッセル神戸戦では遠藤自身が「ものすごく価値がある」という公式戦1000試合出場を達成した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「年間単純計算で40何試合やっていないと到達できない記録なので、リーグ戦だけじゃなく、代表、カップ戦をこなしながらリーグ戦も出場しなきゃいけないので、1年間トータルのコンディション作りというのは必要不可欠になってくる。そう考えると、リーグ戦の記録もものすごく価値があると思いますけど1000試合のほうが価値ある」

 そもそも大怪我はほとんどない。1年間戦える体を作ることは年齢を問わず難しいとされるも、自身に問いながら年々トレーニングを変化させている。40歳となり、身体的な衰えを感じないと言えば嘘になる。特に視覚については視力1.2というものの、「年を重ねるごとに視野も狭くなる傾向にある。ゲーム中、常に周りを確認してというのは昔より増えた」と本人も実感。それでも、1000試合以上戦い続けている体でやはり大きな怪我はない。

「今はスムーズに体を動かすのがメインになっている。鍛えるというよりは、年齢を重ねるごとに一歩出ないとか反応が遅れてしまうとかがないようにということが、メインになっていますけどね。いろんな観点からあると思いますけど、基本的には柔軟性をより良くしたり、柔軟性を保ちながら力を入れる運動とか、そういうのがメインになってくると思います。ヨガとかもやったりしています。動きながら、というのが多いので、動きを取り入れた中でのスムーズさをメインにしていますね」

 ここ数年は、柔軟性を重視。オフの日には後輩を誘ってヨガ教室へ通うこともある。試合後には、1人でひっそり温水・冷水・炭酸水が揃うクラブハウスへ戻って疲労が蓄積しないよう人一倍ケアに気を遣うこともある。オフ期間に自主トレをするようになったり、自身のコンディションを知り尽くしている。

「意識はずっと前からしていますけど、鍛える部分から柔軟性に移行してきたのはここ数年。今に始まったことではないですけど、その時その時で、もう重たい物をがんがん上げるという年齢でもない。状況に応じて移行してきた」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」