遠藤保仁、“無観客”大阪ダービーでJ1最多632試合出場へ 「鉄人」であり続ける理由とは?

ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】
ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】

【インタビュー】開幕戦でJ1最多タイの通算631試合出場を達成した“鉄人”が新記録達成へ

 いよいよ4日、J1リーグが再開する。ガンバ大阪はいきなりホームでセレッソ大阪とのダービーを戦う。この一戦でMF遠藤保仁が出場すれば、J1最多の通算632試合出場という前人未到の記録を達成する。2月23日の横浜F・マリノスとの開幕戦(2-1)で、2018年限りで現役を引退した元日本代表GK楢﨑正剛(名古屋グランパス)の記録に並んだが、歴史を塗り替えるという直前、新型コロナウイルスの影響によりリーグが中断。約4カ月半のイレギュラーな時期を過ごして、”再王手”となった。記録について合同インタビューに応じていた遠藤は、「鉄人」であり続ける理由を語った。

 背番号7の姿が開幕のピッチでも輝いた。プロ23年目を迎えた遠藤は、横浜FM戦に先発出場。J1最多タイとなる通算631試合出場だけでなく、自身が持つ最多の21年連続開幕スタメンの記録も更新した。1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに加入。この日と同じスタジアム(当時は横浜国際総合競技場)で高卒1年目から開幕スタメンに名を連ね、開幕戦で先発を外れたのは京都パープルサンガ(当時)に所属していた99年のみ。13年のJ2時代を含めて21年連続でスタメンを務めた。さらに、プロ1年目から23年連続での開幕戦出場。横浜F時代の先輩である楢﨑に並ぶJ1最多タイとなる通算631試合出場という記録ずくめの一戦とし、9年ぶりの開幕戦勝利を飾った。

 18歳でデビューし、今年で40歳。そんな節目の年にまさかの事態に陥った。新型コロナウイルスの影響により、リーグは中断。次節にも記録達成を控えていた遠藤だったが、思わぬ壁によって記録更新は“お預け”となった。

 約4カ月半前、2020年のJリーグ開幕戦で遠藤は開幕のピッチに立った。若手の台頭もありながら、チーム内での競争を勝ち抜き、ポジションを掴み取った。これはJ1の631試合、公式戦にすれば1000試合に出場した遠藤にとって毎回同じこと。時の流れに従って、日々のトレーニング方法を変化させながら、1試合1試合を積み重ねてきた。

「基本的には目の前の試合に出たいというのが大前提になってくるので、若手と同じようなことをしても体が壊れる可能性もありますし、逆にセーブしすぎて、本来やっていかなければいけないことをやっていなければ、落ちていくだけなのでその辺は難しい立ち位置ですけど、でも、元気なうちは若手と競争し合いながら、日々のトレーニングやっていれば問題ないと思うので、それプラス自分の体と向き合ってという感じで続けていければ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング