大迫所属のブレーメン、ブンデス“残留”へ大一番 低調なFW陣が悪循環を断ち切れるか

ブレーメンFW大迫勇也【写真:Getty Images】
ブレーメンFW大迫勇也【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】最下位パーダーボルンとの「絶対に落とせない試合」

 年間で争われるリーグ戦の中には、絶対に落とせない試合がある。日本代表FW大迫勇也がプレーするブレーメンにとって、13日に行われる次節パーダーボルン戦は、今季の終着点を左右する大一番になるはずだ。

 まず、現時点での順位表を復習しておこう。ブンデスリーガでは17、18位が自動降格、そして16位でシーズンを終えたチームは、2部リーグ3位のチームと入れ替え戦を戦うことになる。

 現在ブレーメンは勝ち点25で自動降格圏内の17位。フロリアン・コーフェルト監督も「我々の目標は16位で、入れ替え戦経由での残留だ」と明言しているが、確かにこれまでの戦績とこれからの展望を考えると、それが一番現実味のある目標になる。

 一方、16位につけるデュッセルドルフの勝ち点は28。その勝ち点差はわずかに「3」だ。逆転の可能性は十分にある。そのためには足がかりを作ることが重要であり、それが今節可能となるかもしれない。

 デュッセルドルフが2位ドルトムントと対戦しなければならないなか、ブレーメンは勝ち点20で18位に沈むパーダーボルンとの対戦を迎えることになる。この試合を勝ちきることができたら、デュッセルドルフがドルトムントに敗れれば勝ち点で並ぶことができ、さらに同節で13位アウクスブルク(勝ち点32)と15位マインツ(勝ち点31)が激突するため、その試合結果によっては残留圏内の15位に勝ち点3差まで迫ることもできるのだ。そうすれば残り3試合のラストスパートを前に、はっきりとしたゴール地点が見えてくる。

 もちろん、現時点ではすべてが皮算用。パーダーボルンに勝てなければすべてが狂い、それどころかそこですべてが終わることだってありえる。勝ち点20のパーダーボルンにとっても、残留への細い細い希望の糸を手繰り寄せるためには、何がなんでも勝たなければならないゲームなのだ。

 それだけにコーフェルト監督は、あらゆる手段と覚悟でこの決戦に挑む。掴むものは、わらだけではない。膝の十字靭帯断裂で8カ月間戦列を離れていたFWニクラス・フュルクルクが、このパーダーボルン戦でベンチ入りする可能性を示唆している。

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング