柏の“1試合8ゴール男”、2年前の“歴史的ハットトリック”にリーガ公式が再注目

ケニア代表FWマイケル・オルンガ【写真:Getty Images】
ケニア代表FWマイケル・オルンガ【写真:Getty Images】

FWオルンガ、18年1月のジローナ戦でリーガのケニア人選手初となるハットトリック

 世界最高峰のスペイン1部リーグでは、これまで数々の各国の選手たちがプレーしてきた。そのなかで、リーガ・エスパニョーラでハットトリックを達成している“Jリーガー”の1人が2019年シーズンに柏レイソルでプレーしたケニア代表FWマイケル・オルンガだ。リーガ公式ツイッター英語版は、2年前の歴史的な瞬間を映像で振り返っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ケニア出身のオルンガは、母国でキャリアをスタート。2016年にスウェーデン1部のユールゴーデン、2017年に中国1部の貴州智誠を経て、同年9月にリーガ・エスパニョーラのジローナへの期限付き移籍が決まった。約半年間の在籍だったなか、最も輝いた瞬間が初ゴールを含む3得点1アシストの大活躍を見せた2018年1月13日のリーガ第19節ラス・パルマス戦(6-1)だった。

 1-0で前半を折り返したジローナは、後半頭からウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニに代えてオルンガを投入。これが見事に的中した。同12分、左サイドからのクロスをダイレクトボレーで合わせて、豪快にリーガ初ゴールをマーク。さらに1点を追加して迎えた後半25分には、ペナルティーエリア外に飛び出した相手GKのトラップミスを奪い、そのまま流し込んでこの日2点目。最後はその9分後、味方のヘディングシュートがこぼれたところをダイレクトで押し込み、ハットトリックを達成した。

 リーガ公式ツイッター英語版は、「2018年の今日、オダガ・オルンガはラ・リーガ・サンタンデールでハットトリックを達成した初のケニア人選手となった」と回想している。

 オルンガはその後、2018年8月に貴州智誠から柏へ完全移籍。所属2年目の2019年シーズンのJ2リーグ最終節・京都サンガF.C.戦(13-1)では1人で8ゴールを決め、Jリーグの1試合最多得点記録を更新して海外にもその名を轟かせた。シーズン終了後には、母国ケニア紙に対して複数のオファーがあったことを明かしていたが、年齢はまだ25歳。今後どのような成長曲線を描いていくのか、大きな注目が集まる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】