南野拓実を導く“アンフィールドの魔法” 「思い込んだら命がけ」のリバプール人気質とは?

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

デビュー戦で南野も体感、リバプール人「スキャウス」の真っ赤に燃える闘魂

「最高ですね。サッカー選手としてこれ以上ないスタジアムだと思う」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1月5日、リバプール選手としてのデビュー戦を終えて日本代表MF南野拓実が語ったなかで、最も印象に残った言葉がこれだった。

 FAカップは3回戦からプレミアリーグ所属クラブが参戦するが、もちろん抽選の結果によってはイングランド1部リーグ同士の対戦もある。しかしそうは言っても、今回リバプールが地元の宿敵であるエバートンを引き当ててしまったのはツキがなかったと言うしかない。まさによりによって、である。

 今季のリバプールが、何よりもプレミアリーグ優勝を最優先にしているのは公然の秘密だ。1970年代から80年代にかけてイングランド最強の名を欲しいままにした名門が、1部リーグの優勝から遠ざかって今年でちょうど30年。昨季はプレミア史上3位となる「97」という勝ち点を積み上げながらも、わずか1点差に泣き、マンチェスター・シティに優勝を譲った。

 その悔しさをバネにして、リバプールは現在プレミアリーグの首位を独走している。20試合終了時点で19勝1分の勝ち点58。2位レスターは勝ち点45で勝ち点差は13。しかも、レスターのほうが消化試合数が1試合多い。

 当初カタールに遠征して2試合を戦うクラブワールドカップ(W杯)が開催された12月を、英メディアは不安視していた。21日の決勝を終えて帰国した途端、26日、29日、1月2日と続くイングランド特有の年末年始の過密スケジュールがある。

 ところがリバプールは、延長戦にもつれこんだフラメンゴとのクラブW杯決勝をフィルミーノのゴールで1-0と勝ち抜き、世界一の栄冠をつかむと、クリスマス翌日の休日“ボクシングデー”で2位に躍進しているレスターを敵地で4-0と粉砕し、それから中2日でしぶとさを増すウォルバーハンプトンに1-0と勝利。今度は中3日で、昇格組ながら前節シティ戦までアウェー無敗だったシェフィールド・ユナイテッドに2-0と完勝した。これでマンチェスター・ユナイテッドに、10月20日の敵地での第9節で1-1と引き分けてから重ねているリーグ戦の連勝記録を「11」まで伸ばした。

 ライバルもここで勝ち点を落とすのではないかと期待したシーズンの折り返し地点。しかし結果は年末年始の3連戦も3連勝を飾り、完全なる独走態勢をさらに確固たるものにした。

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」