新シーズン始動の浦和、4バックシステムに着手 槙野は前向き「チャレンジしなければ」

浦和レッズは4バックシステムを試すかもしれない【写真: 轡田哲朗】
浦和レッズは4バックシステムを試すかもしれない【写真: 轡田哲朗】

3バック主体のシーズンが多いなか、3年計画を見据えて大槻監督は新たな色を見せる

 昨季のJ1リーグで14位と低迷した浦和レッズは7日、新シーズンの始動日を迎えた。初日からいきなり紅白戦までのフルメニューを消化。大槻毅監督は4バックに着手した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は2019年シーズン、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で準優勝したものの、リーグ戦では34試合34ゴールと得点力不足が深刻化。その結果、勝ち点は37にとどまり、最終節までJ1残留は確定しなかった。現時点での新加入選手も、アルビレックス新潟からJ2得点王のFWレオナルド、大分トリニータからMF伊藤涼太郎のレンタルバック、現在は全国高校サッカー選手権を戦っている青森山田のMF武田英寿の3人にとどまっている。

 昨季から所属するブラジル人選手たちが家庭の事情などで合流が遅れるなかで、浦和の始動日は本格的なトレーニングメニューに。DF槙野智章は「1次キャンプに入ってからフィジカルなどは本腰を入れると聞いている」と話すように、まずはサッカーの感覚を取り戻すことに主眼を置いた。そうしたなかでの紅白戦では、両チームが4-4-2システムを採用する新たな色があった。

 浦和は伝統的に3バックシステムを採用する年が多い。大槻監督は2018年に暫定監督として約3週間チームを指揮した時期に、ルヴァンカップでは4バックを採用したが、当時のリーグ戦と昨年6月からの正式監督就任後は3バックでプレーしていた。

 槙野は「クラブが3年計画を打ち出す中での初年度で、チャレンジをしなければいけない。その一つのメッセージだと思う。システム執着するのは良くないと思うけれども、4枚をやれるメンバーはいる。よりゴールへ向かうための変化ですし、時間は掛からないと思う」と、前向きに捉えた。

 また、GK西川周作は「4バックになれば、ビルドアップに関わることや背後のスペースのカバーで違いを見せていかないといけない。GKが関わることも監督が求めてくれている」と話した。西川にとっては、クラブでは浦和の前に所属した大分とサンフレッチェ広島でも3バックでプレーし、4バックは日本代表のゲームで経験したのみ。それも含めての「チャレンジ」と話している。

 初日とあってそこまで強度を上げきったものにはならなかったが、キャンプを含めて浦和がどこまで昨季からの変化を見せられるのか。4バック導入へのチャレンジは、その一つの象徴ということになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」