「素直に羨ましい」 香川真司、リバプール移籍の南野に言及「世界最高の監督がいる」

ドルトムント時代のMF香川とクロップ監督【写真:Getty Images】
ドルトムント時代のMF香川とクロップ監督【写真:Getty Images】

「確実にあの監督の下であれば、ストロングを出せる」

「本当に、アイツが勝ち取った結果ですし、何より行くチームが世界最高のチームで、そして世界最高の監督がいますからね。確実にあの監督の下であれば、誰もがプレーしていて、ストロングを出せるし、そういうチームに仕上げている。今の状態を見たら、誰が出ても活躍ができる状態ですからね。拓実も、もっと自分の良さが生かせる戦いができると思う」

 ただし、現CL王者のポジション争いは、簡単ではないだろうと香川は予想する。「言うてもメンバーの争いは激しいですしね。前線の3トップは強烈ですから」と、香川が言うように、南野がリバプールへ加入した場合、エジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネといった面々とポジションを争う可能性が高い。

「でも、そこに戦いを挑むことが何より大事ですし、その決断をしたら本当に楽しみだし、リスペクトします。ぜひ……こういうことを言うと、軽く聞こえるかもしれませんが、楽しんでほしいなと思いますね」と、エールを送った。

 そして「僕も本当に刺激を受けました。すごく嬉しいニュースというか、これは日本人のみならず、アジアの選手にもチャンスが広がるチャンスだと思う。そういうところに飛び込むのは大事ですし、それを拓実が決断したら楽しみだなと思います」と結んだ。

 クロップ監督の下で、世界に知られる存在となった香川に続き、南野もさらにその名を世界に轟かせることになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(河合 拓 / Taku Kawai)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング