久保建英が勝ち取った“信頼” マジョルカ唯一の光明、現地記者も称賛「違いを生み出す」

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】4試合連続スタメンが示した意味…久保が攻撃陣の“序列”を変えた

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間11月30日にホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第15節ベティス戦で、4試合連続のスタメン出場を果たした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 久保は前節のレバンテ戦(1-2)に3試合連続でスタメン出場を飾ったが、試合終了間際のシュートがペナルティーエリア内で相手選手の手に当たるもPK判定は下されず、1-2で惜敗した。シーズン開幕からアウェーでは未勝利の6連敗となり、通算成績は14試合終了時点で4勝2分8敗の勝ち点14、降格圏が背後に迫る17位となっていた。

 今回の対戦相手であるベティスは前節、ルビ監督の解任間近と言われたなか、ホームでバレンシア相手にMFセルヒオ・カナレスが試合終了間際にFKからスーパーゴール。2-1と勝利し、3試合ぶりの勝ち点3を獲得した。通算成績は4勝4分6敗の勝ち点16で、マジョルカとは「2」差の15位だった。

 ベティス戦前、久保の4試合連続の先発出場について、スペインメディアの見解が大きく分かれていた。ビセンテ・モレノ監督が、久保とレアル・マドリードの下部組織出身のMFアレイシュ・フェバスのどちらを選択するかに注目が集まったのである。

 しかし、まだコンディションに不安が残ったためか、レバンテ戦を負傷欠場したFWラゴ・ジュニオールがベンチスタートだったため、モレノ監督は迷うことなく久保を再び先発起用した。システムはレバンテ戦の4-2-3-1から4-3-3に変更され、久保は右インサイドハーフでプレーした。

 11月30日のパルマ・デ・マジョルカの気温は15度。3週間前に10度を切り、体が冷え切ったビジャレアル戦に比べると寒さは和らいでいた。試合は開始早々、マジョルカにとって不利な形でスタートする。前半7分、MFイドリス・ババがベティスFWナビル・フェキルにファウルを犯し、MFホアキン・サンチェスのPKで先制点を許したのである。

 いきなりの劣勢のなか、久保は前半13分に右サイドからのカットイン、そして同15分に素早いターンから立て続けにシュートを放った。久保はマジョルカにとって前半唯一の攻撃の光となったが、GKジョエル・ロブレスに阻まれた。

 そして前半33分、ババのコントロールミスに端を発したフェキルの30メートルの位置からのスーパーゴールで、マジョルカはハーフタイムまでに2点のビハインドを背負うことになった。

高橋智行

たかはし・ともゆき/茨城県出身。大学卒業後、映像関連の仕事を経て2006年にスペインへ渡り、サッカーに関する記事執筆や翻訳、スポーツ紙通信員など、スペインリーグを中心としたメディアの仕事に携わっている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」