長谷部も絶賛する鎌田の「インテリジェンスの高さ」 2アシストに見えた確かな成長曲線

伸びしろを感じさせるプレー、まずは1ゴールを…

 ブンデスリーガの激しさにもELとの過密日程にも、鎌田は高い順応性で自身の力を発揮している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

「フランクフルトのサッカーで中盤の3枚は今、大事なポジションと監督も言っている。中盤3枚が機能すれば上手くいくと。相手がどこだろうと競り合って、毎試合すごく走ってというサッカーをするチーム。中盤はすごく走って戦わなければならないポジションなので、疲労度も全然変わってくると思う。その分、いい選手もいろいろいる。疲れというのはありますけど、出たら言い訳できないし、できないなら監督に言いにいこうと思っている。自分のコンディションに最大限でやっていかないとチームの力にならないし、ポジションは取れない」

 監督の要求に高いレベルで応え、それだけにとどまらず自分の引き出しをどんどんと増やしていく。トップ下でもインサイドハーフでも2トップの一角でも、伸びしろを感じさせるプレーを続けている。

「今年はリーグ戦もカップ戦もヨーロッパリーグもある。アシストと得点で、全部の試合で8-8、7-7くらいいけたら、僕としたらいいシーズンなのかなと思っている。そこらへんをとりあえず目指したい」

 もちろん、まずは1ゴール――。すべてはそこからだろう。だが、続く28日のブンデスリーガ第9節ボルシアMG戦(2-4)でも2アシストをマークしたように、今の調子を見ていると目標達成の可能性は十分にある。そして、それ以上の活躍を見せてくれると期待したい。

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング