長谷部も絶賛する鎌田の「インテリジェンスの高さ」 2アシストに見えた確かな成長曲線

フランクフルトのMF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトのMF鎌田大地【写真:Getty Images】

ELスタンダール戦でセットプレーから2アシスト 「“やっと”みたいに言われたけど…」

 10月24日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節のスタンダール・リエージュ戦(2-1)で、日本代表FW鎌田大地はセットプレーから2アシストをマークした。

 これまでもセットプレーから精度の高いボールを蹴っていたが、それがゴールという結果につながった意味はやはり大きい。1点目は前半28分、ペナルティーエリア左外からのFKをファーポストに蹴りこむと、DFダビド・アブラハムが右足でゴールに流し込む。速さ、高さともに素晴らしいボールだった。さらに後半28分には、鎌田が蹴ったCKを、DFマルティン・ヒンターエッガーが頭で合わせて追加点となった。

「みんなに“やっと”みたいに言われましたけど、僕のキックが悪いというか良くない時もありますけど、基本的に良いキックもすごく多いと思う。周りがね、逆に入れてくれてなかったシーンも多かったと思うので。僕からしたら、やっと入れてくれたかという感じでしたけど。そういうのがアシストが付くと付かないだと、全然変わってくると思う」

 鎌田はちょっと冗談めかして、今季初の1試合2アシストを喜んだ。正確なだけではなく鋭さがある。だから、相手にしても守りにくい。最後尾からチームを支え続ける元日本代表MF長谷部誠も、セットプレーでのゴールの大切さを認めている。

「1点目も大地のボールは良かったですし、2点目も中でお互いしっかりブロックして、味方をフリーにして決めているんで。大地もやっとセットプレーからアシストが付いたので良かったと思う。こういう難しい試合で、セットプレーから点が取れると大きいですよね」

 そして長谷部はセットプレーでのアシストの価値を高く評価しながら、まだ秘めたるその潜在能力の高さについて、続けて話してくれた。

「彼はサッカーのインテリジェンスが非常に高い。ボールの引き出し方とか走る場所とか、そういうのはやっていても、いいとこにいるなと思うし、出し手としても出しやすい。他の選手よりも動きがいいので出しやすいというのは、正直ある」

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング