「W杯予選モンゴル戦出場14人」を金田喜稔が採点 唯一の“5つ星”で絶賛したのは?

代表初ゴールで結果を残した鎌田【写真:Yukihito Taguchi】
代表初ゴールで結果を残した鎌田【写真:Yukihito Taguchi】

代表初ゴールの鎌田 「得点シーンでのポジショニングは素晴らしかった」

■鎌田大地(フランクフルト/FW/←後半16分IN)=★★★

 質の高いプレーはあまりできなかったが、得点シーンでのポジショニングは素晴らしかった。いつも準備していないと取れないポジションであり、そこできっちりと代表初ゴールという結果を残したことは大きい。

■原口元気(ハノーファー/MF/←後半25分IN)=評価なし

 残り20分で投入されたなか、自分が何をやりきらなければいけないのかを理解したプレーぶりだった。原口らしいランニングで背後を狙い、ドリブル突破を試みる。献身的な守備でも貢献するといういつものスタイルが、チームのギアをもう一段階上げていた。そうした役割が求められていることを、W杯という大舞台を経験した本人がよく分かっていて、森保監督もリズムを変えたい時のオプションとして上手く使っている。これは堂安にも久保にもできない、原口の武器だろう。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング