「W杯予選モンゴル戦出場14人」を金田喜稔が採点 唯一の“5つ星”で絶賛したのは?

金田氏がモンゴル戦に出場した日本代表の全選手を5段階で評価【写真:Yukihito Taguchi】
金田氏がモンゴル戦に出場した日本代表の全選手を5段階で評価【写真:Yukihito Taguchi】

6-0と完勝した日本代表の全選手を5段階評価 中島にはやや物足りなさも…

 日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦(埼玉)に臨み、6-0で勝利した。前半22分にMF南野拓実(ザルツブルク)が、代表戦3試合連続となるゴールを決めて先制すると、そこからの18分間で4-0とリード。後半にも2点を追加して、危なげなくW杯予選2連勝を飾った。

 シュート数「32対0」と圧倒するなど、日本が格の違いを見せつける一戦となったが、識者はどのように見たのか。1970年代から80年代にかけて活躍した「天才ドリブラー」で、解説者として長年にわたって日本代表を追う金田喜稔氏が、この一戦に出場した全14選手を5段階で評価(5つ星が最高、1つ星が最低)。完勝により総じて高評価となるなか、3アシストと輝きを放ったMF伊東純也(ヘンク)に5つ星を与えた一方、MF中島翔哉(ポルト)は3つ星評価にとどまった。

   ◇   ◇   ◇

<FW>
■永井謙佑(FC東京/→後半25分OUT)=★★★★

 9月のパラグアイ戦(2-0)に途中出場した際には、永井のスピードを周りが意識しすぎて前方のスペースへのパスが多くなり、それが攻撃に閉塞感を生んだが、この日は左右に流れたり、大迫ほどではないがポストで起点になるなど連動するプレーが見られた。圧倒的なスピードはやはり魅力で、守備面でも“違い”を生む。ワンチャンスを生かした6月のエルサルバドル戦(2-0)に続き、先発出場した試合でゴールという結果をきっちり残しており、大迫とは異なるタイプのセンターフォワードとして少しずつ存在感を高めている。

<MF>
■中島翔哉(ポルト)=★★★

 1試合を通したチームへの貢献度はいつもどおり。遠藤のゴールをアシストした以外にも、得点につながる手前のパスなどで絡んでいた。その一方で気になったのは、これでもかというくらいドリブルをして“やりきる”のが中島の魅力だが、この試合では仕掛けても3人目でボールを奪われるようなシーンが何度かあった。相手がモンゴルだったため、決定的なピンチを招かずに済んだが、相手のレベルが高ければ致命的なシーンとなり得る。またシュート数も2本と、いつもに比べて思いきりが少しなかった印象だ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング