香川真司とサラゴサの“幸せな関係” スペイン2部で際立つ技術にファン熱狂「大きな誇り」

香川真司とサラゴササポーターの関係は良好のようだ
香川真司とサラゴササポーターの関係は良好のようだ

【スペイン発コラム】アルコルコン戦を現地取材 香川のユニフォームを着たサポーターを多数発見

 元日本代表MF香川真司が、サラゴサで7000人もの大観衆をホームスタジアムのラ・ロマレダに集めた入団発表から、早くも約1カ月が経過した。香川はその後、8月17日のリーガ・エスパニョーラ2部開幕戦テネリフェ戦(2-0)からスタメン出場を続け、第2節ポンフェラディーナ戦(1-1)では初得点も記録した。そして9月8日に行われた第4節でマドリード州のクラブ、アルコルコンとアウェーで対戦した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 8月9日の移籍発表、同13日の入団会見から約1カ月が過ぎても、サラゴサでの香川人気はとどまるところを知らない。実際スタジアムのオフィシャルショップでは、香川の名前をユニフォームにプリントする人たちが何人も見受けられた。

 さらにアウェーのアルコルコン戦に訪れた多くのサラゴササポーターのなかにも、「Shinji Kagawa」のユニフォームを着た人たちを何人も見ることができ、彼らは声高に香川のチャントを歌いながらスタジアムに乗り込んでいった。

 そのなかの1人、エドゥアルドさんは試合前、「カガワは本当に素晴らしい! メンバーのなかで間違いなく最高の選手だよ。彼がプレーするために来てくれたことに僕たちは大きな誇りを感じている。なぜなら彼はビッグクラブにいたのに、サラゴサに来ることを決断してくれたのだからね」と興奮気味に語ってくれた。

 首都マドリードの衛星都市アルコルコンは、近郊電車で30分弱に位置するスタジアム、サント・ドミンゴを本拠地としている。周りをサブグラウンドに囲まれ、やや牧歌的な雰囲気が漂い、収容人数は5100人と少ない。

 2部リーグにありがちなそのような環境は、これまでドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブでプレーしてきた香川にとっては物足りないものに映るかもしれないが、本人は「この状況を楽しまなければいけないし、そういう気持ちを持つ必要がある。毎日いろいろな発見をするために積極的に取り組んでいきたい。そういうことを楽しみ、喜びに変えながらやっていけたらと思っている」と前向きに捉えていた。

page1 page2 page3

高橋智行

たかはし・ともゆき/茨城県出身。大学卒業後、映像関連の仕事を経て2006年にスペインへ渡り、サッカーに関する記事執筆や翻訳、スポーツ紙通信員など、スペインリーグを中心としたメディアの仕事に携わっている。

今、あなたにオススメ

トレンド