往年の天才MFに加え、名波浩や小野伸二も選出! Jリーグ歴代「超絶ループ弾トップ10」

(左から)MF名波浩、MFラモス瑠偉、MF小野伸二【写真:Getty Images】
(左から)MF名波浩、MFラモス瑠偉、MF小野伸二【写真:Getty Images】

Jリーグが「超絶ループシュート」を厳選、“ドラゴン”やFKの名手らもランクイン

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルではさまざまな切り口の映像を届けているが、10日にJリーグ「超絶ループシュート歴代TOP10」のゴール映像を公開した。1993年のJリーグ開幕から今季で27シーズン目を迎えているなか、特大のインパクトを残した超絶ループシュートにクローズアップしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

10位に滑り込んだのは元日本代表FW久保竜彦だ。“ドラゴン”の愛称で親しまれたストライカーは、豪快な一撃だけでなく絶妙なキックでもファンを魅了した。9位に元日本代表MF藤本淳吾(ガンバ大阪)、8位にFW林丈統、7位にMF堀米勇輝(ジェフユナイテッド千葉)、6位に元日本代表FW佐藤寿人(千葉)と続く。

 5位は現在ジュビロ磐田で指揮を執る名波浩監督の一撃だ。卓越した左足のキックを武器に脅威を与えた元日本代表MFはキックフェイントでタイミングを巧みにずらし、相手GKをあざ笑うかのようなループ弾を決めている。4位にMF高地系治(栃木シティフットボールクラブ)が入り、トップ3は名だたるテクニシャンが並んだ。

 3位はFKの名手として知られ、日本代表を長年けん引した天才MF木村和司だ。Jリーグ創成期に活躍した横浜マリノス(当時)の10番は、ワンツーで抜け出すとカーブをかけた絶妙なキックを披露。相手GKの上を通してファーサイドのネットを揺らした。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き