ノイアーは「もはやワールドクラスではない」 失意のCL敗退に独メディアが守護神糾弾

バイエルンのGKマヌエル・ノイアー【写真:Getty Images】
バイエルンのGKマヌエル・ノイアー【写真:Getty Images】

リバプールFWマネにあっさりかわされて先制され、計3失点でベスト16敗退が決定

 バイエルンは現地時間13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)16強第2戦でリバプールに1-3で敗れた。第1戦のスコアレスドローと合わせ、2戦合計スコア1-3でベスト16敗退が決まったなか、ドイツメディアは守護神のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの衰えがリバプールに勝利をもたらしたと指摘。「もはやワールドクラスではない」と酷評している。

 敵地での第1戦をドローで乗り切ったバイエルン。本拠地アリアンツ・アレーナでは、1-0の勝利でもベスト8進出を決められる状況だった。しかし、前半26分にセネガル代表FWサディオ・マネのゴールで均衡を破られ、突破のために2得点が必要となった。

 オウンゴールで一時追いつくことには成功したが、後半24分にオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、同39分に再びマネにゴールを許し、そのまま敗れた。ドイツ国際公共放送「ドイチェ・ヴェレ」は「マヌエル・ノイアーがリバプールの勝利に影響を及ぼし、彼の末期的な衰えは強調された」との見出しで報じた。

 ハイライトとなるのはマネの先制ゴールのシーンだろう。ファン・ダイクからのロングボールに抜け出したマネがペナルティーエリアの端でボールをキープし、それに対してノイアーはゴールマウスを飛び出してプレッシャーをかけた。しかし、マネの素早いターンについていくことができず、がら空きのゴールへシュートを許した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング