J1全18クラブ戦力分析「GK」編 韓国代表クラスが存在感、新旧日本代表の守護神は…

湘南ベルマーレのGK秋元陽太【写真:荒川祐史】
湘南ベルマーレのGK秋元陽太【写真:荒川祐史】

パフォーマンスの期待値で評価「8点」のチームに匹敵するのは?

【評価一覧リンク】
[監督編] [FW編] [MF編] [DF編]

 力強くゴールを守る秋元陽太は湘南ベルマーレ(7点)の戦術にフィットしており、パフォーマンスの期待値は評価「8点」のチームにも匹敵する。ただ、秋元を欠いた場合を想定すると一抹の不安が残り、ザスパクサツ群馬から加入の松原修平、その群馬で正GKを務めた経験もある富居大樹が良い意味で競争力を引き上げ、有事に備えることを期待したい。

 松本山雅FC(6点)は安定感の守田達弥と勝負強い村山智彦が競うなか、AC長野パルセイロから新加入の田中謙吾、スケール感のある20歳の韓国人ゴ・ドンミンも虎視眈々とポジション奪取を狙う。

 清水は相対評価で「6点」としたが、六反勇治が安定しており、元フィールド選手らしい組み立て参加に加え、ビッグセーブでチームを救う場面も少なくない。さらにジェフユナイテッド千葉から高木和徹が加入し、ベテランの西部洋平、清水ユースから昇格の梅田透吾とバランスは悪くない。
 
 一方、日本代表の権田修一がポルトガルに去ったサガン鳥栖(6点)は、FC東京から大久保択生を獲得し、昨季途中に加入した高丘陽平らも控える。ハイラインがベースとなるルイス・カレーラス新監督のスタイルにあって、最終ライン裏のスペースを埋めるGKとして適応できるかがポイントとなりそうだ。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング