J1全18クラブ戦力分析「MF」編 川崎が文句なしの満点、最下位タイの3クラブは?

セレッソ大阪MF清武【写真:Football ZONE web】
セレッソ大阪MF清武【写真:Football ZONE web】

C大阪は実力者が揃うも… リーグ最低評価の「6点」は3クラブ

【評価一覧リンク】
[監督編] [FW編] [DF編] [GK編]

 評価「7」の最後の1クラブは、昇格した大分トリニータだ。J1とJ2クラブから多くの実力者を獲得しており、最終的に誰が中盤の主力になるか読めない状況。基本的にはJ1昇格に貢献した丸谷拓也らがベースになるが、小塚和季や島川俊郎、小林成豪などJ2ではトップレベルだった新戦力がJ1を舞台にどれだけ暴れられるか注目したい。

 山口蛍や山村和也が抜けたセレッソ大阪(6点)は、現時点で高い評価にできないのが実情だ。清武弘嗣、水沼宏太、ソウザなど主力は依然として質が高く、そこに藤田直之、奥埜博亮、レアンドロ・デサパトといった新戦力も加わったが、ロティーナ新監督のスタイルで機能するか未知数だ。早急な結果を強いるのは酷だが、若手も含めて良い意味で競争が生まれれば躍進も可能。生え抜きで武者修行も経験した秋山大地や丸岡満のブレイクにも期待したいところだ。

 サガン鳥栖(6点)は、MF登録のイサック・クエンカをウイングと想定しての評価だが、運動量と戦術意識のある選手は揃っており、就任1年目のルイス・カレーラス監督の戦術に上手くフィットすればトーレスら豊富な前線を盤石に支えるポテンシャルはある。最終ラインもこなせる原輝綺の起用法にも注目だ。

 松本山雅FC(6点)は攻守の素早い切り替えをベースとした反町康治監督のスタイルに、町田也真人ら新戦力がどれだけ順応できるか。石原崇兆が去った左アウトサイドにはDF登録ながらMF起用が見込まれる高橋諒のブレイクに期待が懸かる。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング