「あいつら、よかったよ」 コスタリカ戦後の大久保の一言ににじみ出る個性派集団の一体感

柿谷自身もゴールをこじ開ける

 

 その12分後、今度は柿谷自身も輝いた。背番号「11」も虎視眈々と得点を狙っていたのだ。

「もちろん自分は得点をとって、試合をひっくり返すことを考えていた。残り少ない時間でも、点を取るには十分な時間だった。ワンチャンス、しっかり決めていこうと思っていた」

 香川の浮き球パスを相手DFがクリア。それを拾うと、GKを目の前にしながら冷静にコースを突き、ゴールへと流し込んだ。

 試合後、2人からは感傷的な言葉は聞かれなかった。W杯初戦の決戦まで、残り2週間を切ったいま、個人の充実度以上に、いかに勝つための集団になれるかを突き詰めるときだからなのだろう。

 ただし、先輩の大久保は、彼らの活躍に対して一言だけ添えた。

「あいつら、よかったよ」

 意識し合わないはずがない間柄。誰かが試合に出れば、誰かが外れる関係にもなり得る。この日、無得点に終わった大久保が、あえて短く足した言葉からは、今のチームに一体感が存在することをうかがい知ることができた。そして、この日、無得点に終わりながらも、後輩たちの活躍を素直に喜んだ大久保の存在もまた、チームにまとまりを生み出す力の一つになっていると言えるだろう。

柔和な表情で語らう3人が合宿地で醸し出していた空気感には、特別な何かが存在していた。その才能たちがピッチ上で合わさったとき、彼らの“シンパシー”は力になる。

コスタリカ戦で見えたその萌芽を、もう一度ブラジルの地で目にすることができるかもしれない。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE

※ワールドカップ期間中、サッカーマガジンゾーンウェブが記事内で扱うシーンやデータの一部はFIFAワールドカップ?公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』で確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」