「顔ちっさい」 元なでしこFWも驚嘆、美女アナ二人と代表ユニで“バック3ショット”

丸山桂里奈さんが女性アナウンサー竹内由恵さん&久富慶子さんと、代表ユニ3ショットを公開

 かつてなでしこジャパン(日本女子代表)の一員として女子ワールドカップ(W杯)を制し、世界一も経験した丸山桂里奈さんが、9日に自身の公式インスタグラムを更新。美女アナウンサー二人との3ショットを公開すると、自ら「顔ちっさい、髪の毛サラサラ、細い…」などと記し、反響を呼んでいる。

 日本体育大学の在学中に代表に初招集された丸山さんは、その後もコンスタントに呼ばれてFWとして一時代を築き、代表通算79試合14得点をマーク。国際主要大会では、2003年のアメリカ女子W杯を皮切りに、04年のアテネ五輪や08年の北京五輪にも選出された。

 そして11年のドイツ女子W杯では、準々決勝ドイツ戦の延長後半に澤穂希さんからのラストパスに抜け出し、ふわりと浮かす技巧的な一撃で勝利に貢献。チームはそのまま勢いに乗り、世界一の座を手にした。12年のロンドン五輪でも準優勝メンバーの一員として銀メダルを獲得している。

 16年限りで現役を引退し、現在はタレントとして幅広く活動している丸山さんは、自身のインスタグラムを更新。「今日はある会議でご一緒させていただきました」と報告すると、写真3点を同時にアップしている。丸山さんとともに映っていたのは、テレビ朝日の女性アナウンサーである竹内由恵さんと久富慶子さんだった。

 

page1 page2 page3

ランキング