ミラン本田のFKを海外メディアが「ゴールへ導くパス」と称賛 左サイドの先発ニアングは酷評

出場時間が短く採点なしも、「ESPN」が決勝点に絡んだプレーを評価

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、4日のクロトーネ戦で後半36分から途中出場を果たした。10月25日のジェノア戦(0-3)以来、5試合ぶりとなるピッチに立つと、後半41分に左サイドで自ら得たFKのキッカーを務め、FWジャンルカ・ラパドゥーラの決勝ゴールを導き、チームは2-1の勝利を収めた。米メディアは今季初めてチームの勝利に貢献した背番号10について、「ゴールへ導くパスを供給した」と評価。一方、左サイドの主力であるFWエムベイエ・ニアングがチーム最低評価で酷評されるなか、背番号10は新たに左サイドでのプレーに活路を見出している。

 本田は後半36分に、PKを外したニアングと交代でピッチに入った。4-4-2の左サイドハーフに入った本田は、その5分後に自ら得たFKを蹴ると、鋭い弾道のクロスを相手DFがクリアしきれず、最後は混戦からラパドゥーラが右足で豪快にゴール左隅へと蹴り込んだ。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、出場時間の短かった本田に対して採点を付けなかったが、寸評では「ゴールへ導くパスを供給した。だが、それ以外は限られた時間で沈黙していた」と分析。クロス以外に見せ場はなかったが、途中出場でゴールに絡んだワンプレーは評価されていた。

 本田がこれまで起用されていた4-3-3の右ウイングのレギュラーであるMFスソは、この試合でもチーム最高評価タイの7点を手にしている。「ここまでの数週間ほど決定的ではなく、攻撃面では後半に失速したが、常に躍動した。常にボールを受け、何かを起こそうとしていた。クロトーネに数え切れないほどの問題を彼が引き起こし、ミランの真のクリエイティブなパサーだった」と、寸評では絶賛されている。ゴールを決めたMFマリオ・パサリッチらと並ぶ高評価を手にしている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング