浦和、リーグ2戦連続のスコアレスドロー アウェー横浜FC戦で得点力不足を露呈

浦和は横浜FCと0-0ドロー決着【写真:徳原隆元】
浦和は横浜FCと0-0ドロー決着【写真:徳原隆元】

終始ゴールが遠い展開、最下位の横浜FCを相手に勝利を逃す

 浦和レッズは6月11日のJ1第17節で横浜FCとのアウェーゲームに臨み、0-0の引き分けに終わった。前節の鹿島アントラーズ戦に続くスコアレスドローとなったこの試合では決定機と呼べるようなシーンをなかなか作り出せず停滞感が漂った。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 浦和は7日に天皇杯2回戦で関西大学と延長戦の末に1-0で勝ち抜けたゲームを消化して中3日。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝が入った関係で、5月20日にスタートして3週連続で水曜日に公式戦が入る7連戦の最終戦になった。一方の横浜FCはこのタイミングに天皇杯が入らず、通常どおりのインターバルでの試合になった。

 前半は横浜FCが浦和ゴールに圧力を掛ける攻撃があったものの、大きなチャンスを迎えるには至らず。一方の浦和もMF関根貴大がドリブルでペナルティーエリア内まで切り込むような場面こそあったものの決定機と呼べるような場面はなく、0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半に入っても両者ともにゴールの遠さを感じさせる展開で、交代策に打開を見出した。横浜FCはMF小川慶治朗とFW小川航基、MF三田啓貴やMF長谷川竜也といった攻撃陣の総入れ替えに近い手を打った。一方の浦和もFWブライアン・リンセン、MF小泉佳穂のダブル投入に加え、今季にロアッソ熊本から移籍加入のFW髙橋利樹をJ1デビューのピッチに送り込んだ。

 後半は全体的に浦和が横浜FCの陣内でゲームを進めたが、強引なミドルシュートやセットプレーの迫力はあったものの相手守備陣を崩すようなシーンはなく、このまま0-0の引き分け。消化試合数が少ない中で上位につける浦和は、コンディション的に厳しい時期であることを考慮しても最下位の横浜FCを相手に勝利を逃す格好になった。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド