「日本での最後の日」 横浜FM助っ人FWが退団? 東京・渋谷に出没、母国メディアも去就注目「とても歓迎された」

【写真:Getty Images】
【写真:Getty Images】

ブラジル人MFマルコス・ジュニオール、「渋谷スクランブルスクエア」の写真添え“意味深”投稿

 2022シーズンのJ1リーグを制覇した横浜F・マリノスのブラジル人MFマルコス・ジュニオールがインスタグラムを更新。ストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)内で、東京・渋谷の複合施設の写真を添え「日本での最後の日」と綴っている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 2019年に横浜FMへ加入したM・ジュニオールは、その年のリーグ戦で15得点を挙げ、J1制覇に貢献。自身は得点王とベストイレブンにも輝いた。2年目の昨季は9得点をマークするなど貴重な助っ人アタッカーとして活躍してきたが、今季は怪我に苦しんだ影響もあり、23試合に出場しノーゴールに終わった。

 そんななか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が横浜FMとの契約が今季いっぱいで切れることを指摘。記事では今季のリーグタイトル獲得後のインタビューが掲載され「ここに来てから、私はとても歓迎され、この勝利のグループの一員になれたことにとても満足している」と語っている。

 さらにM・ジュニオールのインスタグラムでは、東京・渋谷に出没した写真がストーリー内にアップされ、複合施設「スクランブルスクエア」を捉えた写真には「日本での最後の日」と綴られ、今後の去就を匂わせている。

 M・ジュニオールと言えば、日本のアニメ「ドラゴンボール」好きとして知られ、ゴール後のかめはめ波ポーズがお馴染み。登場人物のクリリンを彷彿させるスキンヘッドでファンから愛されたブラジル人助っ人は、果たしてJリーグを去ってしまうのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング