ついに今季ラストマッチ J1最終節も「WINNER」で思いきり盛り上がろう!

セレッソ大阪vs 名古屋グランパス/結果予想:2-1

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 前節、京都に引き分けて5試合連続勝ち星から遠ざかっているC大阪。しかも3試合ノーゴールが続いている。得点のチャンスを作れていないわけではなく、前節でも相手GKの好セーブに阻まれたことが大きい。とはいえ、ゴールを決めなければ勝利は生まれない。決定力不足は悩みの種だ。今節の相手となる名古屋グランパスは前回対戦時にも0-1で敗れており、同じ相手に二度負けるわけにはいかない。ホーム最終戦に詰めかけるファンのためにも勝利を届けたい。

 対する名古屋は前節、セットプレーと素早いリスタートから得点を生み出し、勝利を収めている。対戦相手であるFC東京にボール支配率で上回りながら、相手に隙を与えないスピーディーなサッカーで得点を重ねたゴールへの貪欲さは見事だった。最終戦は、カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバー入りを果たした相馬勇紀のドリブルに視線が注がれるかもしれないが、チーム内トップスコアラーのマテウス・カストロのゴールも見たいところ。FC東京戦で見せた隙のないサッカーを展開できれば、勝利も近づくかもしれない。

■ヴィッセル神戸vs 横浜F・マリノス/結果予想:1-3

 今季の優勝チームが決まるかもしれないこの試合。2位との勝ち点2差で首位につける横浜F・マリノスは引き分け以上で2019年ぶりとなる5度目の優勝を手にする。

 他チームの歓喜を目の前で見たくないヴィッセル神戸は、全力で優勝を阻止しにくるだろう。前節は、2位の川崎と対戦した神戸。個人技から1点を決められると、一瞬の隙を突いてくる相手の攻撃の前に危ないシーンもあったが、守備陣全員で阻止。小林祐希の見事な直接フリーキック(FK)で1点を返すも、逆にPKを献上し1-2で敗れている。アンドレス・イニエスタが途中出場で復帰したことがチームを後押しするきっかけになれば、ホーム最終戦を勝利で飾ることもできるだろう。

 一方の横浜FMはホーム最終戦となった前節、3試合ぶりの勝利に沸いた。優勝を目前にした堅さもようやく取れ、痛快なゴールシーンを4度も披露し、完全に“らしさ”を取り戻している。ゴール自体は外国籍選手2名によるものだが、ゴールに絡む選手の数や質を考えれば、チーム全体で取ったゴールと言えるだろう。泣いても笑っても最後の1試合。今季はアウェーでの勝率も40%を超えており、何も考えずに“らしい”サッカーを展開できれば、自ずと勝利を手にできるはずだ。

■その他の試合
北海道コンサドーレ札幌 vs 清水エスパルス/結果予想:2-0
鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪/結果予想:2-1
浦和レッズ vs アビスパ福岡/結果予想:2-1
柏レイソル vs 湘南ベルマーレ/結果予想:1-1
FC東京 vs 川崎フロンターレ/結果予想:2-3
サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島/結果予想:0-1

[WINNER概要]
日本初。1試合予想くじ WINNER新登場!
J.LEAGUEとB.LEAGUEの全試合(※)からお好きな1試合を選んで試合結果を予想。さらに、優勝予想や成績予想も。好きなチームの勝利にかけたり、オッズを見ながら予想したり、ひとりで気軽に楽しんだり、仲間と試合を見ながら一喜一憂したり、くじの楽しみ方はあなた次第!(※販売対象とならない試合が発生する可能性があります)

[WINNER販売サイト]
https://sp.toto-dream.com/dcs/subos/screen/si31/ssin049/PGSSIN04901InitWinnerTop.form?cid=sp_dazn_06_news_store_foz_01

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド