ソシエダ久保建英は「決定的な存在だった」と現地絶賛 決勝ゴールの“鮮烈デビュー”、リーガ開幕戦の活躍に喝采

ダビド・シルバらと先制ゴールを喜ぶ久保建英【写真:Getty Images】
ダビド・シルバらと先制ゴールを喜ぶ久保建英【写真:Getty Images】

右足ボレー弾で決勝点をマーク、カディス戦1-0勝利に大きく貢献

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は8月14日(現地時間)、カディスとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦でスタメン出場。前半24分に右足ボレー弾で決勝点をマークする殊勲の活躍を見せた。現地メディアは、主役となったこの日のパフォーマンスを称え、「決定的な存在だった」と評している。

 4-4-2システムを採用したこの日のソシエダにおいて、久保は前線2トップの一角で出場。立ち上がりから積極的にパスを呼び込み、味方との連係から相手ゴール前へ迫るシーンをたびたび見せると前半24分、MFミケル・メリノからの縦パスをゴール前中央で受け、左足でワントラップ後、右足で絶妙なボレーシュートを叩き込んだ。

 相手の出方を見ながら、虎視眈々とカディスゴールへ攻め込む機会をうかがった後半も積極的にボールへ関与。後半21分には、右サイドを駆け上がり味方からパスを引き出すと、中央へクロス。この流れからMFダビド・シルバの決定的なシュートへつなげるなど、同33分にピッチを退くまで存在感を示した。

 スペイン紙「Eldesmarque」は、この試合の久保のパフォーマンスを絶賛。「カディス対レアル・ソシエダの試合で最も決定的だったのは、間違いなくクボだった。デビュー戦で素晴らしいパフォーマンスを見せた。勝利のゴールを決めただけでなく、この日本人は“ラ・レアル”の攻撃において、積極的で、非常に参加的で、決定的な存在だった」と高評価を下し、この日のチームにおいて特大なインパクトを放っていたことを強調していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」