智将ビラス=ボアス&カルバーリョ、日本行きの可能性浮上「日本に引っ越すのであれば…」

フランス1部マルセイユで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス氏【写真:Getty Images】
フランス1部マルセイユで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス氏【写真:Getty Images】

カルバーリョ氏、「クラブやナショナルチームを引き継ぐ可能性について話し合った」

 フランス1部マルセイユで指揮を執っていたアンドレ・ビラス=ボアス氏、そしてビラス=ボアス氏の元でアシスタントコーチを務めていた元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョの2人が、揃って日本に来る可能性があるようだ。フランスメディア「RMC Sport」が伝えた。

「ビラス=ボアスとカルバーリョ、日本か南米でベンチ入り?」と伝えたのは、フランスメディア「RMC Sport」だ。記事では「リカルド・カルバーリョは、ポルトガル人の同胞とコラボし続ける準備ができている。それは日本や南米になるかもしれない」と記している。

「beIN Sports」のインタビューで、カルバーリョ氏は「クラブやナショナルチームを引き継ぐ可能性について一緒に話し合った」と告白。「彼は、南米や日本で指導するという夢を持っている。彼にはヨーロッパのビッグクラブに残るだけの力があると言っている。そして私自身も、彼がヨーロッパにとどまることを望んでいる。だが、彼の選択次第だ」と打ち明けた。

 また、カルバーリョは「彼が行くところに付いて行くかって? 普通は、そうだね」と自身の考えを口にし、「南米や日本に引っ越すのであれば、家族に相談しないといけないね」と続け、家族が受け入れればビラス=ボアスに付いていくようだ。

 はたしてポルトガル人コンビが日本で指揮を執ることになるのか。今後の動向に注目が集まる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング