知られざるGKの世界 『やベスタ』×『ONE1-GK』…現役守護神が明かした「1対1の守り方」

中村憲剛が語る現役GK権田修一と西川周作の凄さとは?【画像:Football ZONE web】
中村憲剛が語る現役GK権田修一と西川周作の凄さとは?【画像:Football ZONE web】

中村憲剛が語る現役GK権田修一と西川周作の凄さ

 DAZNは15日に配信された『やべっちスタジアム』内で、日本プロサッカー選手会(JPFA)が今シーズンから行っているゴールキーパーというポジションのさらなる普及と理解促進を目的にしたプロジェクト『ONE1-GK』(ワンゴールキーパー)とのコラボ企画の第1弾を配信した。

 昨シーズン現役を引退した中村憲剛がMCを務める同番組内の企画『Football Study(フットボールスタディ)』において夏休み特別編と題し、『ONE1-GK』とのコラボ企画である「GKミーティング」を制作。JPFAの会員であり現役GKのなかから、清水エスパルスの権田修一と浦和レッズの西川周作が番組に登場。中村と一緒に軽快なトークを挟みつつ、GKというポジションの奥深さについて学んだ。

 冒頭、GKについて中村は「孤独というか、ゴールを決められると映されるのがGKなので、大変だと思う反面、唯一無二のポジションだとも思う」とし、「ビッグセーブやファインセーブでチームを勝たせる、すごくカッコいいポジションだと思ってます」とコメント。企画に登場した権田について、「堅実っていうのが自分の中ではあって。派手なセーブはそこまでないけど、ちゃんと準備してるから派手に見せない」と分析すると、西川については「ギリギリのところで手が出たり、足が出たりする。手がパンって出てくるイメージがすごく強くて、『決まった』と思ったシュートが止められる。つまり厄介だったってことです」と一目置いた。

 GKだから分かるお互いのプレーについて、権田は「キックのイメージが強いと思う。ただ、シュートストップの準備だったり、どんな時も最高の準備ができている状態で構えていたりするので、常に余裕を持ってプレーしている。そこは参考にさせてもらっています」と西川を評すると、西川は「一つひとつのプレーにこだわる姿勢や意識が本当に高い。一つのキャッチングにしても、一つミスをしたらすごく悔しがっているし、こうやって自分のレベルをどんどん上げているんだなって思いました」と権田について語った。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング