久保建英が“大会第一号”! 殊勲の決勝ゴールに安堵「自分しかないと言い聞かせた」

U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

南アの固い守備に苦戦も、ここぞの勝負強さを見せつける

 U-24日本代表が22日、東京五輪グループリーグ初戦の南アフリカ戦に臨み、後半26分にMF久保建英が待望の先制ゴールを奪い1-0で勝利。グループリーグ突破へ向けて重要な初戦で勝ち点3を手にした。試合後のフラッシュインタビューで、久保は「ボールを持ったらファー狙おうと決めていた」と、殊勲の決勝ゴールを振り返っている。

 グループAで南アフリカ、メキシコ、フランスと同居した開催国の日本は、22日の初戦で南アフリカと対戦。先発メンバーには、この年代の主力であるMF堂安律、久保らのほか、オーバーエイジ(OA)枠のDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航の3人も名を連ねた一方、最終ラインではDF冨安健洋がメンバー外となった。

 前半から再三相手ゴールに迫った日本は、MF三好康児が1対1の決定機を活かせないなど、守勢に回った南アフリカを攻めあぐねた。後半に入っても久保、堂安らを中心に攻勢を強めたなか同26分、敵陣右サイドでボールを受けた久保が鋭くカットインしそのままペナルティーエリアへ進出すると、斜めから左足を一閃。強烈な一撃がゴールへ吸い込まれ、苦しみながらも先制に成功した。

 この1点を守り切った日本が1-0で勝利し、重要な初戦で勝ち点3を手にした。殊勲の決勝ゴールを奪った久保は「満足していますし、嬉しさと安心がある」と、安堵したことを強調。固い守備で対抗してきた南アフリカに苦しめられ「焦りもあった」と明かしたものの「決めるなら自分しかないと言い聞かせて」見事に結果へ結びつけた。

「ボールを受けたら切り替えしてファーを狙おうと決めていた。入ってよかった」と、得点シーンを振り返った久保。自身にとって、またチームにとっての“大会第一号”は日本を初戦白星に導く重要なゴールになった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」