19歳の涙と論争呼ぶ“PK人選”の背景 悲劇を知るサウスゲートが準備した緻密な戦略

ブカヨ・サカを慰めるサウスゲート監督【写真:Getty Images】
ブカヨ・サカを慰めるサウスゲート監督【写真:Getty Images】

【イングランド発コラム】英国中が熱狂し涙したEURO決勝、サウスゲート監督はPK戦へ万全の準備をしていた

 それはイングランドに限らず、日本も同じだと思うが、普段はサッカーに興味がないという人も代表戦となれば話は別となる。しかも欧州選手権(EURO)というメジャー大会の決勝。7月11日、英国でテレビの視聴者数は3000万人を超えた。こんな数字を記録したのは1997年8月に、パリで非業の死を遂げたダイアナ元妃の葬儀以来だったという。

 文字通り、イングランドの全国民が固唾を呑んで見守ったPKだった。普段はそれほどサッカーに興味があるわけではない、マンチェスター大学に通う筆者の19歳の娘も、親友と一緒に校内のバー(英国の大学にはバーがあるのだ)に設置されたパブリック・ビューイングに参加したという。そこでキックオフ直後の前半2分に決まったルーク・ショーの先制弾で、全身がビールでびしょ濡れになった。そして同い年のブカヨ・サカがPKを外して号泣すると、彼女も親友と抱き合って泣き崩れたという。その後、筆者に「最低でも24時間は誰とも話したくない気分」と携帯メールを送ってきた。

 本当にもう一歩のところだった。サッカーの発祥国であり、世界に誇るプレミアリーグがありながらも、1966年のイングランド・ワールドカップ(W杯)で世界一となって以来、ここまでメジャー大会優勝に近づいたことはなかった。

 しかし残念ながらイングランドは、またしても、しかも今度は決勝という舞台でPK戦で敗れ去った。

 当然、このPK戦の人選に疑問を呈した人間もいた。特にこの決勝を生中継した民放「ITV」の解説を担当した元アイルランド代表MFロイ・キーンは、19歳のサカを5人目のキッカーとしたことに猛然と反発した。

 黄金時代のマンチェスター・ユナイテッド主将だったキーンが批判の対象としたのは、ギャレス・サウスゲート監督ではなく、年上選手のラヒーム・スターリングとジャック・グリーリッシュだった。「どうしてこんな大事な場面で19歳に蹴らせた。どうして俺が行くと言わなかった」と言い放って、激しく責めた。

 すると、グリーリッシュがすかさずツイッターで反論した。

「僕は蹴りたいと言ったんだ。ガッファー(ボス、監督の意)の決断は今大会中、その多くが正しかった。そして今夜も(PKの人選も)そうだった。しかし、誰かに僕がPKを蹴りたくなかったと言わせることはできない。蹴りたいと言ったんだから」

 これを読んでも今回のEUROではチームプレーに徹した印象を与えたアストン・ビラの王様が、キーンの非難に傷つき、悲痛の叫びを上げたのは明白だ。

森 昌利

もり・まさとし/1962年生まれ、福岡県出身。84年からフリーランスのライターとして活動し93年に渡英。当地で英国人女性と結婚後、定住した。ロンドン市内の出版社勤務を経て、98年から再びフリーランスに。01年、FW西澤明訓のボルトン加入をきっかけに報知新聞の英国通信員となり、プレミアリーグの取材を本格的に開始。英国人の視点を意識しながら、“サッカーの母国”イングランドの現状や魅力を日本に伝えている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」