久保建英の「出場機会が少なすぎる」 スペイン人記者、ヘタフェ監督の采配に疑問符

セルタ戦でも途中出場となったヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】
セルタ戦でも途中出場となったヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】

【スペイン発コラム】セルタ戦で2試合ぶりの出場も際立つパフォーマンスを見せられず

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は12日、リーガ・エスパニョーラ第36節セルタ戦(0-1)で2試合ぶりに出場したものの、際立つパフォーマンスを見せることができなかった。

 チームが残留争いで苦しむ最中、徐々に出番を失っていった久保は、平日開催となった4月22日の第31節バルセロナ戦(2-5)でローテーションによりフル出場した後、3試合で出場1試合のみ、しかもわずか6分間だった。

 ホセ・ボルダラス監督はセルタ戦前日の記者会見で、久保を最近ほとんど起用していない理由を問われ、「他の多くの選手同様、久保は並外れて良い選手だ」と前置きしたうえで、「しかし我々はすべての面で、よりバランスの取れたチームを探し求めている」と説明。続けて「彼がここ数試合、出番が少ないからといって、それが今後の試合に出場しないということを意味しているわけではない」とフォローしたものの、久保が現在のチームに上手く当てはまっていないのは間違いないだろう。

 バルセロナ戦同様、セルタ戦も平日開催だったため、ボルダラス監督はローテーションを実施した。しかし、0-1の敗北を喫した前節エイバル戦から、MFダビド・ティモール(出場停止)、DFアラン・ニョム、MFマウロ・アランバリ、FWハイメ・マタの4選手に代え、DFチェマ・ロドリゲス、DFフアン・アントニオ・イグレシアス、MFカルレス・アレニャ、FWアンヘル・ロドリゲスを新たに先発起用し、久保は4試合連続でベンチスタートとなった。

セルタ戦が行われたスタジアム【写真:高橋智行】
セルタ戦が行われたスタジアム【写真:高橋智行】

 1点を追う展開のなか、ボルダラス監督は後半15分、イグレシアスとFWエネス・ウナルを下げ、久保とマタをピッチに送り出した。

 イグレシアスと入れ替わる形でそのまま右サイドハーフに入った久保は、同18分に2選手を相手に縦への突破を試みるも失敗。その後、献身的に守備をする姿を見せ、ゲームの組み立てに参加したが、積極的に右サイドから上げた3本のクロスボールは誰にも合わせられない。そして終盤は激しい肉弾戦となったため、ボールがほとんど入らず際立つパフォーマンスを見せることができなかった。

 ヘタフェはシュート数でセルタを圧倒するも決定力を欠き、最後までゴールをこじ開けられずに0-1で敗れ3連敗。リーグ戦成績は36試合8勝10分18敗の勝ち点34で16位と、順位を落としている。シーズン終了まで残り2節となるなか、降格圏内の18位バジャドリードとの勝ち点差はわずか「3」となった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング