ヘタフェDF、久保建英と“シンクロ” 仲良し手上げショット公開で本人も反応

ヘタフェDFイグレシアスとMF久保建英【写真:Getty Images】
ヘタフェDFイグレシアスとMF久保建英【写真:Getty Images】

スペイン人DFイグレシアスがインスタグラムに久保との2ショットを投稿

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は、現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第31節バルセロナ戦(2-5)で“古巣”相手に全2ゴールに絡む働きを見せた。そのなかで、同じくフル出場した同僚DFが試合前のワンシーンをインスタグラムにアップし、久保も反応を見せている。

 2019年夏にFC東京からレアルへ完全移籍した久保は、スペイン1年目はマジョルカにレンタルとなり、リーグ戦35試合で4得点4アシストを記録した。今季は強豪ビジャレアルへ期限付き移籍となったが、ウナイ・エメリ監督の下でプレー時間が伸びず、シーズン途中の今年1月にヘタフェへと“再レンタル”となった。

 ヘタフェ移籍後は14試合に出場するも、スタメンとベンチスタートの割合は半々で、レギュラー奪取には至っていない。それでも、チームメートとの関係は良好のようだ。スペイン人DFフアン・イグレシアスが、公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、ウォーミングアップのワンシーンを公開したのだ。

 画像では、久保とイグレシアスが同じように左足を前に伸ばし、片膝をついて、右手を挙げてストレッチをしている。身長173センチの久保に対し、イグレシアスは185センチとひと回り大きく、体格差こそあるがポーズは連動している。挙手をする男性の絵文字が二つ付けられており、久保もこの投稿をインスタグラムのストーリーで引用して反応を見せた。

 マジョルカ時代の同僚で、今季絶望の重傷を負って離脱中のコロンビア代表FWクチョ・エルナンデスを含め、チームにしっかり溶け込んでいることが窺える一幕となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング