ヘタフェ久保、後半6分の途中交代にファンが監督の采配を疑問視 「なぜ…」

ボルダラス監督は久保を後半6分で途中交代させた【写真:Getty Images】
ボルダラス監督は久保を後半6分で途中交代させた【写真:Getty Images】

果敢なプレーを見せるも後半6分にFWアンヘルと交代

 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英は、現地時間10日のリーガ・エスパニョーラ第30節カディス戦で先発出場するも、後半6分に途中交代。チームもオウンゴールでの失点で0-1と敗れ、日本や海外のファンからホセ・ボルダラス監督への手厳しいコメントが並んでいる。

 3月21日のリーガ第28節エルチェ戦(1-1)以来の先発となった久保は、トップ下でプレー。前半8分、敵陣右サイドでパスを受けると、緩急をつけたボールタッチで対峙したカディスのウルグアイ人DFアルフォンソ・エスピーノのバランスを崩し、転倒させてペナルティーエリア内に侵入。クロスは相手のブロックに遭い、決定機演出とはならなかったが、積極果敢な姿勢を見せた。

 スコアレスでハーフタイムを迎えたが、ヘタフェのボルダラス監督は後半6分という早いタイミングで久保を下げる判断を下し、スペイン人FWアンヘルと途中交代させた。試合は後半19分、カディスに右サイドからクロスを放り込まれた場面で、軌道が変化したボールに対し、DFダビド・ティモールが胸で押し込む、まさかの形でオウンゴールを献上。これが決勝点となり、0-1で敗れた。

 ヘタフェ公式ツイッターで、後半6分の交代を告げる投稿がなされると、日本人ファンから「なぜ…」「意味不明だわ」「交代なのか…」と手厳しい声が上がったほか、海外のファンも「役に立たないボルダラス」「蹴るだけの子供のサッカーにタケは必要ない」とボルダラス監督の采配を疑問視するコメントが多く見受けられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド