「日本には日本の良さがある」 元J外国人監督が断言「フェアな文化を守ったまま…」

ゼムノビッチ氏とオシム氏との2ショット写真【写真:本人提供】
ゼムノビッチ氏とオシム氏との2ショット写真【写真:本人提供】

【ゼムノビッチ監督が語る育成指導論|最終回】日本の育成年代は「もっとベテラン指導者を上手く活用すべき」

 J1の清水エスパルスやJ3のFC岐阜を指揮し、今年から淡路島に活動拠点を置く相生学院高校(兵庫県=通信制)サッカー部を指導するズドラブコ・ゼムノビッチ氏は、セルビアでも4つのクラブの監督を務めた経歴を持つ。母国ではベオグラード大学体育学部を卒業。終了すれば全競技の最高級ライセンスを取得できるが「半分くらいは途中で脱落する」難関だったそうだ。来日したのは3つのプロクラブの監督を経験した後だったが、それでも「日本のサッカーを知るために」再度JFA(日本サッカー協会)のS級ライセンスも取得した。

 彼我の違いを感じるのは、同氏のように豊富な経験を持つ指導者の活用方法だという。

「本来は若年層の指導者ほど経験が必要になります。育てた経験が豊富な人は、選手を見極める目が違う。もちろんセルビアでも、若い指導者はユース以下のコーチをして経験を積んでいくわけですが、必ずクラブにはそういう若いコーチを教えるベテランの指導者がいます。日本もJリーグが始まって歴史を重ねてきたわけで、もっとベテランの指導者を上手く活用していったほうがいい」

 実際に日本の指導現場を見て感じるのは「選ぶ人が若過ぎる」ことだという。

「10~15年後の良い選手を見極めるには、当然多くの選手の成長を見てきたキャリアが必要になる。ちなみにセルビアには、セレクションはありません。スカウトは、それぞれ責任を持って選手を連れてくる。クラブも誰がマルをつけたのか、責任の所在が分からないような選手は獲りません」

 それだけ才能の発掘作業には重きが置かれ、各クラブとも熟達した目利きを用意している。

「ある田舎町でスカウトに見出され、年俸何億円も稼ぎ出すようになった選手がいます。彼は後にスカウトに御礼として車のキーをプレゼントしていました。そのスカウトに会わなければ、今の彼はなかったということです」

 ベオグラードでは、土日になればプロからアマチュアまで1000試合近い公式戦が朝から晩まで続けられるそうである。

「ベオグラードだけでも200カ所くらいのグラウンドがあるので困ることはない。日本では高校や大学を出てプロにならなかったら、そこで終わる選手がほとんどですが、セルビアではみんな30歳くらいまではプレーします。社会人になってからプロになる選手も少なくありません」

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング