ヘタフェ久保は「輝きを放った」 ビジャレアル時代との“違い”に言及「完全に戦力外を受けたが…」

2得点に絡むデビューを飾ったヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】
2得点に絡むデビューを飾ったヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】

エメリ監督の下ではレギュラーを勝ち取れなかったが、新天地では途中出場から存在感

 スペイン1部ヘタフェに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビューを飾り、途中出場で2ゴールに絡む活躍を見せた。韓国メディアは「ビジャレアルでは悪夢のようだったが……」と状況の変化を報じている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍したが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りと同時に、ヘタフェへの期限付き移籍が決定した。

 一度もトレーニングができないまま今節の遠征に帯同していたなか、1-1で迎えた後半19分にぶっつけ本番でデビューの瞬間が訪れた。

 右サイドに配置されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。さらに同39分、久保が右サイドで仕掛けてゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1と勝負を決めた。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、“冷遇”を受けたビジャレアル時代とは対照的な結果になったことに触れている。

「ビジャレアルで久保は完全に戦力外扱いを受けた。マジョルカでの成功とは対照的だった。ウナイ・エメリ監督が率いるビジャレアルのユニフォームを着たが、結果は悪夢のようだった。出場時間に久保の状況は現れた。ラ・リーガでは13試合で先発は2試合だけ。総プレー時間は291分だった。結局、ヘタフェに移籍したが、すぐに活躍を見せ、輝きを放った」

 フィジカルを重視するホセ・ボルダラス監督の下で、久保はさらなる信頼を勝ち取れるだろうか。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング