「マドリードが望んでいたもの」 ヘタフェ久保の鮮烈デビューにレアル専門メディアも歓喜

5番のユニフォームを着用するヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】
5番のユニフォームを着用するヘタフェMF久保建英【写真:Getty Images】

ヘタフェはエルチェに3-1で勝利 新天地デビューを飾った久保は2ゴールに絡む活躍

 ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英は現地時間11日、リーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦に途中出場し、2ゴールに絡み3-1の逆転勝利に貢献した。鮮烈な新天地デビューを受けて、レアル・マドリード専門メディアも「マドリードが望んでいたもの」と見出しを打って喜びを示している。

 昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍した久保だが、思うような出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りが決定。ヘタフェへの期限付き移籍が発表された。チームに合流したものの、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため、一度もトレーニングができないまま今節の遠征に帯同していた。

 久保に出番が回ってきたのは1-1で迎えた後半19分だった。右サイドに配置されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。

 さらに同39分、久保が右サイドからゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とリードを広げた。久保は途中出場となったデビュー戦で、いきなり2ゴールに絡む殊勲の活躍を見せ逆転勝利に大きく貢献した。

 これを受けて、レアル専門メディア「Defensa Central」は「マドリードが望んでいたもの。久保はすでにヘタフェで楽しんでおり、2-1、3-1の展開で決定的な存在となった」と見出しを打って報道。久保の活躍について「ベルナベウでクラブ関係者たちは両手を擦り合わせたことだろう」と、保有元レアルを喜ばせるパフォーマンスだったと取り上げている。

「当然のことながら、久保は全体練習すら参加できなかったため、ベンチからチャンスを待つことになった。彼が急遽着用することになったのは『5』。奇しくもジダンがマドリード時代に背負った数字と同じだった。そして、久保は試合に出た時点でその左足にあらゆる選択肢が備わっていると提示することができた」

 記事では、久保がエルチェ戦で着用した背番号「5」は、偶然にもジネディーヌ・ジダン監督が現役時代にレアルで着用していた番号であることに注目しつつ、久保のプレーを「レアルとヘタフェが待ち望んでいたものだった」と喜びを示していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング