久保は「重要な起爆剤となる」 ヘタフェ会長が圧巻デビューを称賛「雪の災難もあったが…」

ヘタフェでのデビュー戦で2ゴールを演出したMF久保建英【写真:Getty Images】
ヘタフェでのデビュー戦で2ゴールを演出したMF久保建英【写真:Getty Images】

ヘタフェはエルチェに3-1で勝利 新天地デビュー飾った久保は2ゴールに絡む活躍

 ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英は現地時間11日、リーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)に途中出場。新天地デビューを飾り、2ゴールに絡む活躍を見せた。試合後、ヘタフェのアンヘル・トーレス会長がスペインの番組に出演し、久保について「我々を手助けする非常に重要な起爆剤となる」と太鼓判を押している。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍したが、思うような出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りと同時に、ヘタフェへの期限付き移籍が決定していた。チームに合流したものの、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができないまま今節の遠征に帯同していたなか、出番が回ってきたのは1-1で迎えた後半19分だった。

 右サイドに配置されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。さらに後半39分、久保がゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて、3-1とリードを拡げた。

 途中出場のデビュー戦ながら2ゴールに絡む殊勲の活躍を残した久保だが、試合後にヘタフェのトーレス会長がスペインの番組「El Transistor」に出演。チームを救った日本人アタッカーについて、「我々を手助けする非常に重要な起爆剤となる」と今後の活躍に太鼓判を押し、契約についても「三角交渉がとても複雑で、雪の災難もあったが、なんとか間に合った」と振り返っている。

 久保の初陣はクラブ首脳陣を満足させる出来だったことは間違いないだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング