過去4大会でベスト4入り3回 矢板中央の監督が指摘した“4強の壁”突破の条件とは?

矢板中央の高橋健二監督が準決勝を振り返った【写真:Football ZONE web】
矢板中央の高橋健二監督が準決勝を振り返った【写真:Football ZONE web】

高橋監督は守備力に加えて、「個々の技術を高めること」を課題に挙げる

 第99回全国高校サッカー選手権は9日に準決勝が行われ、2年連続でベスト4に進出した矢板中央(栃木)は青森山田(青森)に0-5で敗戦。チームを支えた堅守が崩れてしまったが、高橋健二監督は「守備力に加えて個々の技術を高めるのが決勝への条件だと思う」と語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 矢板中央は、初戦となった2回戦の徳島市立(徳島)戦を1-1からのPK戦、3回戦の東福岡(福岡)戦は0-0からのPK戦で制した。準々決勝の富山第一(富山)戦は2-0で勝利したが、武器が3試合で1失点の堅守だったのは間違いのないところだった。

 この青森山田戦に関しても、高橋監督は「ゴール前に人数が掛かってくると分かっていたので、そこに自分たちもプラスアルファの人数をかけてゴール前の意識を高めること」を準備で取り組んだという。それはつまり、自陣で耐えてカウンターの機をうかがうというゲームプランだった。しかし、前半のうちに個人技の要素が強い先制点を許すと、セットプレーでも失点。ハーフタイムの時点で0-2では、ゲームプランは崩れていた。

 この守備的なスタイルは、批判を集めることもある。高橋監督自身もそれを認めているし、主将のDF坂本龍汰も「矢板中央は守備に偏りがちで批判されることも多いし、正しいのかと思うこともあった」と、その苦しい思いを語る。

 それでも、この守備をベースにしたチーム作りがあったからこそ、直近の4大会で3回のベスト4入り。ベスト8で敗退した前々回も、優勝した青森山田に準々決勝で敗れたものという、全国の舞台で安定した成績を残すことにつながった。

 とはいえ、高橋監督は「近年、ここまで来られるようになったけれども、得点力がない。ベスト4で得点したことがないのは事実。守備力に加えて、個々の技術を高めるのが決勝への条件だと思う」と、その先に進むには突破するべき壁があると話した。

 矢板中央には2年生の選手も多く、その中でもGK藤井陽登は前回大会も1年生で出場していた。それだけに高橋監督は「原点に返って、あの青森山田に勝たないと日本一はない。2年生には経験者が多く、中には去年プレーした子もいる。彼らが3年生になる来年、もう1回挑戦したい」と、意欲を燃やす。

 必死にゴールを守るひたむきな姿は、矢板中央の伝統として残る。あとはそこからどれだけ攻撃的な姿勢やゴールを奪うためのプレーを増やせるか。この全国高校サッカー選手権におけるベスト4も素晴らしい実績だが、そこからの一歩に求められる変革を見せられるかの挑戦が始まろうとしている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  5. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  6. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」