ヘタフェの「オプションは飛躍的に拡大」 “新戦力”の日本代表MF久保に海外記者期待

ヘタフェでの活躍が期待される日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
ヘタフェでの活躍が期待される日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

右サイドのレギュラーはフィジカルを武器とするカメルーン代表DFニョムが担当

 日本代表MF久保建英は、現地時間8日にレアル・マドリードからビジャレアルへのレンタルが打ち切りとなり、ヘタフェに半年間の期限付き移籍となることが正式発表された。チームを率いるホセ・ボルダラス監督はフィジカルを重視するスタイルで知られるが、海外記者は「チームにはスキルが不足していた。これで井戸からで出ることが可能だ」と見立てている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルへ1年間の期限付き移籍。途中出場がメインながら開幕からコンスタントにピッチに立っていたものの、第14節から16節まで3試合連続で出番なし。そして、2021年最初の試合となったレバンテ戦で今季初のメンバー外、現地時間5日のスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)2回戦サモラ戦も招集外となっていた。

 ウナイ・エメリ監督が久保の移籍志願を明かしていたなか、8日にビジャレアルはレアル・マドリードとレンタル打ち切りで合意したことを発表。同時に、ヘタフェへの今季終了までのレンタル移籍も決定した。

 ヘタフェはかつて日本代表MF柴崎岳(現レガネス)が所属していたことでも知られ、スペイン人指揮官のボルダラス監督が率いる。現在、主に4-4-2システムを用い、右サイドハーフは強靭なフィジカルを武器とする32歳のカメルーン代表DFアラン・ニョムがレギュラーを務めているが、今冬には久保のほかにスペイン人MFカルレス・アレニャ(←バルセロナ)をレンタルで獲得。ラテンアメリカのスポーツサイト「DIRECTV Sports」に勤めるセバスティアン・デッカー記者は、自身のツイッターで新戦力に期待を寄せている。

「ヘタフェはタケ・クボ、カルレス・アレニャを獲得し、ドン・ホセ(ボルダラス監督)のオプションメニューは飛躍的なクオリティーの改善で拡大された。チームには十分な闘志があるが、スキルが不足していた。これで井戸から出ることが可能だ」

 久保は指揮官の信頼を勝ち取り、新天地で輝きを放てるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング